ロバート・ファン起業家精神研修 (QREP)

none

 QREPは、九州大学を卒業し米国で大成功をおさめた元台湾人留学生、Mr. Robert Huang (ロバート・ファン氏)及び米国在住の同窓生よりの寄付金からなる基金を活用したもので、本学の学生に対する起業家精神の涵養を主目的とした教育プログラムです。起業家精神、移民文化、国際的ハイテクビジネスのメッカ、シリコンバレーにおいて1週間、現地で活躍する起業関係者等多彩な方達を講師に迎え、またスタンフォード大学等の学生や留学生とも交流して、自らのキャリア形成を考え、また新たなことにチャレンジする意欲・意識を高める機会を提供しようとするものです。

 本プログラムは九州大学ロバート・ファン/アントレプレナーシップ・センター(略称QREC)主催で行われ、カリフォルニアオフィスは現地オフィスとして各種サポートを行っています。また、本プログラムは2006年から毎年開催していますが、2007年からは早稲田大学学生も一部加わり、多くの体験を共有してきました。プログラム期間中、企業や大学を訪問し意見交換をすることで、シリコンバレーの躍動感を身近に体感することを目指しており、各種講義においてはアメリカで活躍する様々なバックグランドの方々からの実体験に基づく講義やパネルディスカッションを通して、学生自信のキャリアについて深く考える機会となっています。

 QREPの研修の前後に本学同窓生が勤務するサンフランシスコの英語学校(CPLC)での英語研修へもオプションとして参加できます。

プログラムの詳細については、こちらのウェブサイトをご覧ください。

ページのトップへ