九州大学海外派遣留学生 最終報告書

留学先大学名

University of Washington(国名: United States

留学先学部名(またはプログラム名)

Arts & Sciences

留学期間

2004年 9月   〜 2005年 6

学部/学府・年次

21世紀プログラム

3年次〜 4年次

留学により卒業または修了が遅れる見込みの有無とその期間

遅れる見込みの方はその理由を書いてください

NO.に○印をつける)

1.4年次に留学したため 2.単位が不足するため 3.新卒で就職したいため

4.その他(具体的に記入)

 

卒業を遅らせないためにどのような配慮や工夫をしましたか?

 

進路の予定

1.就職 ( 時期: 4月から)

1.留学先大学について

授業(カリキュラム等)の概要について

中・高学年向けのクラスは定員が少なく、競争率が高いうえに、交換留学生よりも学部4年生に履修登録優先権があるため、毎学期の履修登録に苦労した。

留学先大学のサポート体制について

(語学面/勉学面/精神面/住居・生活面など)

サポートをこちらから頼むことはそう多くはなかったけれど、履修登録などの際に協力をお願いしたときは、常にしっかり対応してくれた。ワシントン大学(アメリカの大学)では留学生という存在が全くめずらしくないので、交換留学生から積極的にサポートを求めない限り、基本的に留学先担当の方からアプローチしてくることはないと思っておいたほうがよいのでは。

 

留学先大学に対する感想

 

 

大学のキャンパスが非常に美しく、また、キャンパスだけでなく、多くの山や海に囲まれるアウトドアの盛んな地、シアトル。さらに、大学の近くにレストランやショップ、カフェの集った賑やかな通り、バスで15分の場所にダウンタウンがあり、生活しやすい。

同じ大学への留学を希望する人たちへのアドバイス

9月にシアトルに到着した際は、日本の同時期に比べとても寒く、「これじゃ冬はめちゃ寒くなるんちゃう?」と思ったけれど、シアトルを離れ日本に帰国する6月までほとんど気温の変化がなかった。

 

2.事前手続き(ビザ申請など)

ビザの種類

 

F1ビザ

ビザ申請先

大阪領事館

必要書類、手続き方法

                ワシントン大学からの合格通知書類

                パスポート

 

手続きに要した時間

3〜4ヶ月

その他必要な事前手続き

 

 

3.日常生活

日常生活の概要、感想

平日、日中は授業、その後夕食、図書館で勉強。週末はときに勉強、ときに遊び。

生活費(月額)及びおおよその内訳

食費5〜7万円ほど

日本から持参した方がよいもの

(PCや変圧器等の要不要も)

変圧器は必要なし。

これから留学する人への、日常生活(治安対策を含め)に関するアドバイス

楽しいことばかりの人生などあり得ないように、楽しいことばかりの留学生活というものは存在し得ない。楽しいこと、ツライコト、面白いこと、感動すること、戸惑うこと、慣れないこと、嬉しいこと、すべての自分の感情に対して素直に、また、前向きに向き合うと良いのでは。

お金の管理や受け取り(銀行口座開設や海外送金,またはクレジットカード持参など)について,貴方の留学先国で最も適当な方法を教えてください。

Bank of Americaを利用した。

・カードで支払う機会が多いので、地元の銀行のアカウントを持つことは必須

 

 

 

4.住居、生活環境

住居の種類(○印をつける)

 ・寮 ・シェアハウス・民間アパートをそれぞれ3ヶ月ずつ経験。

住所/

電話番号

 

費用(月額)

寮 ・シェアハウス(家賃395$)・民間アパート(家賃605$)

どのようにして見つけたか

寮 (大学からの通知)・シェアハウス(ネット・新聞)・民間アパート(徒歩散策)

次期留学生に推薦できるかどうか、およびその理由。

寮 ・シェアハウス・民間アパート、どれも経験できてよかった。

留学生活を送る上で次期留学生に伝えたい地域情報、生活情報

シアトルは、アジア人・アジア料理店が多く、また、治安も悪くはなく、ものすごく溶け込みやすい環境だと思う。

5.準備段階や留学中に役に立ったウェブサイト

サイト名

URL

コ メ ン ト

ジャングルシティ

 

http://www.junglecity.com/

 

 

シアトル情報満載の必須サイト。

 

 

 

 

6.その他の特記事項

ワシントン大学に交換留学する予定の方、質問があれば気軽に連絡してください。