九州大学海外派遣留学生 最終報告書

 

留学先大学名

            ホーエンハイム大学    (国名:ドイツ        )

留学先学部名(またはプログラム名)

Agricultural Sciences in the Tropics and Subtropics

留学期間

          2006年  9月   〜    2007年  2

学部/学府・年次

           生物環境資源科学府

    修士 1年次

留学により卒業または修了が遅れる見込みの有無とその期間

有  (期間: 半年〜一年    )

遅れる見込みの方はその理由を書いてください

NO.に○印をつける)

4.その他(具体的に記入)

  一身上の都合により一時休学するので

 

卒業を遅らせないためにどのような配慮や工夫をしましたか?

特になし

進路の予定

1.就職 ( 時期: 4月から /( 2009 )年 (  4  )月から)

前項で1と答えた方は、就活時期と方法を教えてください(予定を含む)

 

進学先や就職先の選定に、留学経験が影響しましたか?

 

 

留学経験は就職活動の際に役立ちましたか?

 

1.留学先大学について

授業(カリキュラム等)の概要について

 

 

モジュールプログラムという形をとっていて、通常の授業において、ひとつの授業(モジュール) が平日午後に毎日行われる。一モジュールあたりの期間はあたり約3週間半で、その後モジュールごとにテストが行われる。

 モジュールの評価は教授によって異なり、筆記試験、口答試験、プレゼンなど様々。

基本的に午前中はフリーの時間であるが、大学ではモジュールのほかに通常形式(週1時間で期末試験)の授業も開講・開放しており事前に申し込めば受講できる。英語・フランス語・ドイツ語など様々な外国語講座も開かれており、プレイスメントテストを受け、一定以上のラインであれば受講可能。ただし外国語講座の受講費用は一科目2050ユーロほど。

 

留学先大学のサポート体制について

(語学面/勉学面/精神面/住居・生活面など)

 

私が受けた授業自体は英語であったが、大学では通常授業が始まる一ヶ月前にドイツ語のインテンシブセミナーを開講している。しかし基本的にビギナーコースがないので日本である程度ドイツ語を勉強してから望んだほうがよいと思われる。受講するほかの学生も多くは新しい留学生なので、授業が始まる前に友達をつくるよい機会だと思えた。

 

 住居では、寮に住んでいたので、何か問題があれば管理人(ハウスマイスター)に相談すれば何とかなる。

 

生活に関していえば、何か要望や困ったことがあれば(例えば、銀行口座の開設、住民登録、アパートを見つけたい、自転車がほしい、etc.)ISOInternational Student OrganizationHPアドレスhttp://www.uni-hohenheim.de/iso/)という団体があり、様々なサポートが受けられる。

留学先大学に対する感想

 

 

学生に対するサービスは非常に整っていると感じた。

しかし、そのサービスも特に集めて説明するわけでもなかったので、自分で友達に聞くなど情報を集める必要がある。

また、留学中困ったことがあれば留学生課の担当の先生を訪ねてもよいし、前述したようにISOにサポート頼むのもひとつの手である。

同じ大学への留学を希望する人たちへのアドバイス

 

 

基本的に英語ができれば問題ない。

プログラムには世界中から留学生が集まっており、留学生同士打ち解けやすい。

いろんな国の人たちと交流を持ったらいいと思う。

 

日常生活は英語のみでまったく問題ないと思うが、ドイツ語のできる友達をつくるのは重要。何かあったときや手続きのときにドイツ語でしか対処できない場合があるので。

2.事前手続き(ビザ申請など)

ビザの種類

 

Aufenthaltitel

ビザ申請先

Landeshauptstadt Stuttgart

必要書類、手続き方法

日本人は入国後3ヶ月までビザなし滞在が可能。

出発前に特にビザを申請することはない。

私はぎりぎりになってしまったが、ビザが切れる一ヶ月前までには申請したほうがいい。

 

パスポート、入学許可証、住民登録票?(寮近くの区役所で事前に登録の必要)、健康保険の証明書、奨学金の証明書、手数料が必要。奨学金がない場合、銀行の残高証明書が必要。

手続きに要した時間

2週間くらい

その他必要な事前手続き

事前に電話で予約が必要。

その際、相手がドイツ語しかしゃべれない場合があるので、しゃべれない場合は誰かに手伝ってもらう。

 

3.日常生活

日常生活の概要、感想

 

 

 

 

 

 

基本的に学生むけの安価な大衆食堂などがまずない。いわゆるレストランなので外食するとかなり高くつく。料理の苦手な人は苦労するかもしれない。日本食用の食料品店が近郊にある。結構割高だが、材料を買って和食を振舞えばかなり喜ばれる。

 

 入学して最初の半年は学生は市内交通が一日中無料の定期を取得できる。

  Skypemsn Messengerなどのパソコン通信を連絡手段に使っている人が多い。基本的にタダなので。機器類は日本のほうが若干安い気もする。パソコンやデジカメなど高価なものは買って持っていったほうがいいと思うが、安いものであれはそれほど変わらない。

 

生活費(月額)及びおおよその内訳(円換算で)

生活費計  7万〜8  円/月

 

(生活費内訳)住居費:  4 円、 光熱水料:  0   円、 通学費:  0   円、 

食費;    25000 円、 電話代:     円、 インターネット代: 0   円、 

書籍代:      円 

その他:(具体的に) 冬物衣料、靴など必要に応じて。

 

学費・寮費以外に大学へ納入するもの(あれば)        8000/6ヶ月

(徴収された費用の名目を具体的に: 語学コース授業料             )

日本から持参した方がよいもの

(PCや変圧器等の要不要も)

最近の電気機器はヨーロッパの電圧に対応しているものが多いため特に変圧器を買う必要はないと思う。古い電化製品だったら必要。基本的に変換プラグがあれば十分だった。

 もって行く前に製品の対応電圧を確かめてください。変圧器は結構重いのでできればないほうがいいと思う。

これから留学する人への、日常生活(治安対策を含め)に関するアドバイス

シュツットガルトはドイツの都市でもかなり治安がよいほうだそう。ハンブルグなど北のほうの都市に行くときは要注意だぞといわれた。

 

基本的に、日曜・祝日はすべての店が閉まるので連休に入る前に食料品など必要なものを買いためておく必要がある。もし買いそびれてもガソリンスタンドで買えないこともないが、割高。

 

ドイツのバス・地下鉄は比較的時間に正確であった気がするが、鉄道はよく遅れる。30分・1時間遅れはざらにあるので、鉄道を利用する場合は余裕をもって。

 

 今回の冬は観測史上最も暖かい冬だったそうで、対策にはそれほど困らなかったが、結構分厚い冬服が必要になると思う。小さいサイズ(特に男)は探すのが結構困難です。

 

お金の管理や受け取り(銀行口座開設や海外送金,またはクレジットカード持参など)について,貴方の留学先国で最も適当な方法を教えてください。

銀行口座の開設はあちらの奨学金を受け取るために不可欠。ISOという学生グループの人が結構助けてくれる。

 

航空券や列車のチケットの購入のためクレジットカードはあったら便利と思う。

 

海外送金は、一回当たり結構な金額(数千円)がかかりまた時間もかかるので、あまりオススメできない。

 

4.住居、生活環境

住居の種類(○印をつける)

 ・寮 

住所/

電話番号

Im Chausseefeld 9-403 Stuttgart 70599 Germany

費用(月額)

255ユーロ 約4

どのようにして見つけたか

事前に大学に申請した。

あとはあちらの留学生課の人がすべてやってくれた。

部屋は基本的に勝手に決まる。

次期留学生に推薦できるかどうか、およびその理由。

できる。

 

きれい。暖房設備がしっかりしていて、部屋の中は冬でもかなり暖かい。フラットメイトといち早く知り合いになれる。また、現在インターネットも使用可能だが、速度がかなり遅いので日本のADSL並みの速さを期待しているとイライラするかも。

留学生活を送る上で次期留学生に伝えたい地域情報、生活情報

ホーエンハイム大学に関係する(した)日本人の方がmixiのコミュニティを作っていらっしゃるので、興味のある方は覗いてみるとよいと思う。おそらく質問にも気軽に答えていただけると思う。

 

5.準備段階や留学中に役に立ったウェブサイト

サイト名

URL

コ メ ン ト

Vvs

 

 

 

Die Bahn

 

 

 

Germanwing

 

 

Deutschwelle

 

 

Module Description

 

 

ホーエンハイムのmixiコミュニティ

http://www.vvs.de/

 

 

 

http://www.bahn.de/

 

 

 

http://www.germanwings.com/

 

 

http://www.dw-world.de/

 

 

http://www.uni-hohenheim.de/lehrkartei/inhalt/lehr.php

 

 

http://mixi.jp/view_community.pl?id=1270489

シュツットガルト市内交通のHP

乗り換え検索等も可能。

地図も着いているので結構便利。※英語あり

 

ドイツ全域の地上交通網を調べられる。

遠出するときは事前にここで調べることが不可欠。

クレジットカードがあれば予約も可能。※英語あり

 

ヨーロッパ内の格安航空券を入手可能。

数千円でスペインまでいける時期もある。

 

ドイツ語を勉強したい人はいいかも。

ラジオニュースのスローバージョンも放送している。 

 

大学のシラバス。

どのモジュールを選ぶかに使った。

 

ホーエンハイムに今いる人、いた人がたまに書き込んでたり。

 

6.その他の特記事項