九州大学海外派遣留学生 最終報告書

 

留学先大学名

 ミュンヘン工科大学                       (国名: ドイツ )

留学先学部名(またはプログラム名)

建築学部

留学期間

       2006年  10月   〜   2007年  3

学部/学府・年次

     人間環境         学部/学府

修士1年次〜修士2年次

留学により卒業または修了が遅れる見込みの有無とその期間

( 期間:半年〜1年間  )

遅れる見込みの方はその理由を書いてください

NO.に○印をつける)

3.新卒で就職したいため

                          

 

卒業を遅らせないためにどのような配慮や工夫をしましたか?

特になし

進路の予定

1.就職 ( 時期: 4月から /(     )年 (    )月から)

前項で1と答えた方は、就活時期と方法を教えてください(予定を含む)

修士論文に専念し、早めに提出して就職活動を始める。もしくは、今年度の夏に予定しているインターンシップなどでできれば就職を決めたい。

進学先や就職先の選定に、留学経験が影響しましたか?

影響した

 

留学経験は就職活動の際に役立ちましたか?

多分役に立つ

 

 

1.留学先大学について

授業(カリキュラム等)の概要について

 

 

わたしが留学したミュンヘン工科大学の建築学部には、週に1〜2回ある留学生向けといってもよいような、英語の設計演習か、大半がドイツ人学生からなるドイツ語の設計演習から自由に1つ以上選択できる。登録さえすれば、そのセメスター内で、語学以外なら自由に自分の受けたい授業を聴講できる。語学の授業はテストでレベル編成される。わたしが、選択した木造建築のカウフマン教授の設計演習では、はじめの1か月くらい、その演習に必要な知識を教えるセミナーが週2回ドイツ語で行われた。その後は、週1回のエスキス(設計をグループで進めてきたものをアシスタントに見てもらう)とグループ内での話し合いがメインだった。その他では、一度エクスカージョンで、この設計演習課題に関係するミュンヘンの建築物を多数見て回った。ドイツ語の授業は初歩レベルだったので、週一回あっていた。

留学先大学のサポート体制について

(語学面/勉学面/精神面/住居・生活面など)

 

勉強面では、課題内容は別だが、建築学生として行うことはどこの国でも特に変わらないと感じた。生活においては、何もかもが初めてで、充実しており、精神的にも全く支障がなく、ホームシックには一度もならなかった。住居は寮であったが、特に不自由することもなかった(ただ、冬は結構寒かった)し、同じ学生ばかりが住んでいるので友達もできた。ドイツ人は誰もがおどろくほど親切で、英語もほとんどの人が話せるし街で困るようなことは一切なかった。キリスト教の国なので、日曜日にお店が閉まることが、日本人のわたしにとっては、不便で仕方なかった。

 

 

 

留学先大学に対する感想

 

 

わたしが通ったミュンヘン工科大学はヨーロッパからの留学生が多く彼らの大半はドイツ語が話せる。こちらでは、大学に通っている人は超エリートなので、やはり勤勉な人が多いようだ。日本人学生はだらだら大学に徹夜で居残って、次の日は昼下がりから来るという人が少なくないが、ヨーロッパの学生は午前中に来て、やること