ホーム >  九大への留学 >  九大の魅力

九州大学の魅力

 九州大学は1911年に創立した歴史ある基幹総合大学です。100年を超える伝統を礎に、「自律的に改革を続け、教育の質を国際的に保証するとともに、常に未来の課題に挑戦する活力に満ちた最高水準の研究・教育拠点となる」を基本理念に、常に未来の課題に挑戦する大学です。

1.世界トップレベルの研究

 九州大学には約3,500名(うち、外国人教員約300名)の教員・研究員が所属しており、世界トップレベルの研究を行っています。Times Higher Education(Japan Ranking 2019)では4位、QS世界大学ランキング2019では、総合順位126位、アジアでは30位、日本では8位と研究力、教育力ともに高い大学として評価されています。特に、QS分野別世界大学ランキング2019では、工学(地球資源)分野は世界第23位と世界トップ水準となっており、多くの外国人研究者と共に研究を推進しています。

kosuke morita

2.豊かな人材を育む教育環境

 12学部、18学府、4専門職大学院、5研究所を擁しています。英語だけで学位取得可能なコースを、大学院64コース学部5コース開講しており、留学生の多様なニーズに対応できる教育カリキュラムとなっています。学生交流協定を結んでいる世界の有力大学・研究機関から多様な人材を受け入れ、共学することで、幅広い知識や視野を育成すると同時に、生涯にわたって自律的に学び続け、グローバル社会のリーダーとなり、世界の発展に貢献する人材を育成するキャンパス作りを行っています。

3.多様性に応じたサポート体制

 九州大学には、日本の大学で一番広大な伊都キャンパス(272ヘクタール)を初めに、馬出キャンパス、大橋キャンパス、筑紫キャンパスと合計4キャンパスあり、97国から合計2,521名(2018年11月1日現在)の留学生が学んでいます。それぞれのキャンパスに、渡日前から留学生のサポートを行う外国人留学生・研究者サポートセンターを設置、また、キャンパスライフ・健康支援センターには多言語対応できるカウンセラーを配置、留学生センターでは、専門スタッフを配置し就職サポートを行うなど多方面からの充実したサポート体制が整備されています。さらに、新入留学生のために寮を用意し、福岡空港から各寮までシャトルバスで送迎するなど、安心して渡日できます。日本語に不安があっても、在校生向けの日本語クラスも開講しているため、専門分野だけでなく日本語も学ぶことができます。

福岡空港にて

福岡空港にて
福岡空港から学生宿舎までシャトルバスサービスがあります。

ドミトリー(伊都キャンパス)

ドミトリーⅠ
単身室

 

ドミトリーⅡ
単身室
2人用シェアルーム

ドミトリーⅢ
4人用シェアルーム

共創館
単身室
2人用シェアルーム

4.「挑戦」し続ける学風

 九州大学の強みは、研究者の知的探究心に基づいて広範な分野において独創的・基礎的学術研究が遂行されていることです。専門分化した学術分野の推進とともに異分野間の融合と統合によりイノベーションの原動力となることで、人類が直面している課題解決につながる最先端研究、新しい社会システムの提案や実証実験を積極的に進めます。

  • 大学発学生ベンチャー!

    学生ベンチャーを育成する部活動「起業部」のベンチャー第1号「メドメイン」。Deep Learningによる病理画像診断ソフト「PidPort」、医学生向けクラウドサービス「Medteria」の開発・運営。日本国内にとどまらず、世界各国の医療の発展に貢献することを目指す。

5.アジアの交流拠点都市・福岡市

 福岡市は、古来、アジア、世界の交流により発展を遂げ、「アジアの交流拠点都市」と呼ばれています。航空路線や外国航路も充実しており、年々交流人口も右肩上がりで増えています。福岡市は充実した都市機能と豊かな自然環境が共存し、都会と田舎の両面を併せ持つ場所です。気候も温暖で過ごし安く、災害も少ないことから安心して生活をすることができます。また、若者(15歳~29歳)が人口に占める割合が政令指定都市で一番高く、グローバル創業・雇用創出特区としてスタートアップ支援があり、ビジネスコストも他の大都市と比較し安いため、若い人が福岡を拠点地とし、世界に挑戦できる都市です。

写真提供:福岡市

6.世界で活躍する卒業生

©Kazumi Kurigami

Koichi Wakata
Astronaut (The first Japanese commander of the International Space Station)
School of Engineering, BS (1987), MS (1989), PhD (2004)

ROBERT T. HUANG
Founder of SYNNEX Corporation
School of Engineering, B.S. (1968)
Honorary Doctor of Kyushu University

Robert founded QREC (Entrepreneurship
Center) in Kyushu University to encourage
students to make a positive impact on the
world.
“Follow your passion,
then think hard and just do it!”

KYOKO MATSUOKA
Spinglass Architects Co., Ltd. / Principal & CEO
Daio CO.,LTD. / President & CEO
School of Engineering, B.S. (1987)

ASAD MAJEED KHAN
AMBASSADOR OF PAKISTAN
Doctorate in International Economic and Business Law (LL.D.) (2002)

Message from Ambassador
It was a great pleasure and honour for me to study at the prestigious
Kyushu University. Kyudai offers a unique and attractive learning
environment for foreign students because of the existence of number of
special courses designed exclusively for overseas students. The warmth
and friendliness of the people of Fukuoka makes the whole learning
experience at Kyudai even more interesting and rewarding.

I cherish my days at Kyudai and as Ambassador of Pakistan to Japan, I
am very keen to promote deeper linkages between Kyudai and our
national educational institutions.

DANIEL RAKOVE
Political and Economic Affairs Officer U.S. Consulate Fukuoka
JTW program student (2003-2004)
Daniel and his wife, Hyesun (right), met at Kyushu University.
They were both our students.

(©Jakub Szymczuk for Wolters Kluwer Polska)

JACEK IZYDORCZYK
Ambassador Extraordinary and Plenipotentiary of the Republic of Poland to Japan
School of Law, MEXT scholarship student (2005‐2007)

SADAHARU YAGI
Music Producer/Recording Engineer (56th Annual GRAMMY Awards Winner)
School of Design (Department of Acoustic Design), BA (2005)

STÉPHANE E. FOUCHÉ
Founder & Owner of Hako, LLC Founder & Curator at Project Archive
JLCC program Graduate & MEXT Scholarship Recipient (2013-2014)

Message:
With the general consensus in Asia being that South East Asia is the new frontier,
there is no better place to be than Kyushu and Kyushu University – the Gateway
for Japan to the rest of Asia.