ホーム >  国際協力 >  ヨルダン・ハシミテ王国「観光セクター開発事業」サルト観光振興支援調査

国際協力

▼ヨルダン・ハシミテ王国「観光セクター開発事業」サルト観光振興支援調査


●ヨルダンの概要

ヨルダンは、燐鉱石、カリ、セメントを除いて天然資源に恵まれず、耕作可能な土地も国土の6%と極めて限定されていることに加え、国内に特筆すべき産業が発達していないことから、国民生活に必要な物資の大部分を輸入に依存せざるを得ない状況にあります。このため、貿易収支は恒常的に赤字となっており、こうした構造的な貿易赤字を、外国援助と海外出稼ぎ者からの本国送金及び外国人観光客がもたらす観光収入で補填する構造となっています。

●事業の背景と必要性

外国人観光客がもたらす観光収入は、ヨルダンの構造的な貿易赤字を補う上で、外国援助と海外出稼ぎ者からの本国送金と並んで重要であり、観光産業の振興は同国の重点政策課題となっています。

また、ヨルダンは、ローマ時代、十字軍、オスマン・トルコ時代等の文化遺産を豊富に有し、死海を始めとする自然景観等の観光資源に恵まれています。近年、イスラエルとの和平条約の締結とそれに伴う中東地域の緊張緩和により、ヨルダンを訪れる観光客数は増加傾向にあります。

●事業の目的及び概要

本事業は、外国人観光客にとって既存の観光資源をより親しみやすく魅力的なものにするために必要な観光基盤整備を行い、ヨルダン経済の安定にとって不可欠な外貨獲得増を図ることを目的とするものです。 具体的には、首都アンマン市内の観光ゾーンの整備、アンマンにおける国立博物館の建設、死海展望台の建設、死海周遊道路の建設、カラク市の観光開発、サルト市の観光開発の6つのサブ・プロジェクトから成り立っています。

●事業実施者

観光遺跡省(Ministry of Tourism and Antiquities)

住所:P.O. Box 555 Amman 11118 Jordan

TEL:90-312-212-4728

FAX:90-312-212-3847