ホーム >  国際協力 >  草の根技術協力事業

国際協力

▼草の根技術協力事業


開発途上国の人々の生活改善・生計向上に直接役立つ分野で、草の根レベルのきめ細やかな活動が行われる事業を実施しています。九州大学では、次のような分野で協力を行っています。

●ICTを活用したBOP層農民所得向上プロジェクト(バングラデシュ)

●ナワルパラシ郡における地域社会の砒素汚染対策能力向上事業(ネパール)

また、草の根技術協力事業では、人を介した「技術協力」であること、開発途上国の人々の生活改善・生計向上に直接役立つ内容であること、日本の団体が行い日本の市民が国際協力に対する理解・参加を促す機会となること、の3点が重視されています。