ホーム >  データ集 >  DD一覧

▼ダブルディグリープログラム一覧


学府 課程 ダブルディグリー協定校 国・地域 人数 修学期間 関連URL
■大学院法学府 修士 マラヤ大学法学研究科 マレーシア 5名上限/年 各機関において1年間(合計2年間) http://www.law.kyushu-u.ac.jp/faculty/study/abroad.html
■大学院工学府 修士 ガジャマダ大学工学研究科 インドネシア 3名上限/年 3年間(ガジャマダ大学に21か月以上在学が必要)
■大学院法学府 修士 国立台湾大学法律学院 台湾 5名上限/年 各機関において1年間(合計2年間) http://www.law.kyushu-u.ac.jp/faculty/study/abroad.html
■大学院工学府 修士 ルンド大学工学部 スウェーデン 3名以内/年 3年間(ルンド大学にて最低3学期間の在籍が必要) http://irose.kyushu-u.ac.jp/ddp/introduction_ja
■大学院法学府 修士 レウヴェン・カトリック大学ヨーロピアン・スタディーズセンター ベルギー 2名以内/年 各機関において1年間(合計2年間) http://gv.law.kyushu-u.ac.jp/StudyAbroad.html
■大学院経済学府 修士 中国人民大学経済学院 中国 5名以内/年 3年間(中国人民大学にて2年在籍が必要) http://www.econ.kyushu-u.ac.jp/student/doubledegree.php
■大学院法学府 修士 ティルブルグ大学ロースクール オランダ 3名以内/年(1名を予定) 各機関において1年間(合計2年間) http://gv.law.kyushu-u.ac.jp/StudyAbroad.html
■大学院工学府 修士 バンドン工科大学大学院鉱山石油工学研究科 インドネシア 3名以内/年 3年間(バンドン工科大学にて1年在籍)
■大学院法学府 修士 アテネオ・デ・マニラ大学法学部 フィリピン 3名上限/年 本学2年間に加えて提携大学の1年間を合わせて3年間 http://www.law.kyushu-u.ac.jp/faculty/study/abroad.html
■大学院総合理工学府 修士 上海交通大学大学院・国立釜山大学校工学府(どちらか選択) 中国・韓国 バランスを保つように行う(5名を予定) 九州大学において1.5年間、派遣先で0.5年(在籍は1.5年間とみなされる) https://www.tj.kyushu-u.ac.jp/campus-asia/eestic/index.html
■大学院理学府 修士 ガジャマダ大学工学研究科 インドネシア バランスを保つように行う(2名を予定) https://www.sci.kyushu-u.ac.jp/international/ddp.html
■大学院人間環境学府 修士 国立釜山大学校建築学科 韓国 H30年度3名
H31年度5名
H32年度5名
■大学院システム情報科学府 博士 エジプト‐日本科学技術大学
電気・電子情報学類電子・通信工学専攻
エジプト 5名上限/年 各機関において2年間(合計4年間)