ホーム >  JICA九州主催「グローバル人材育成プログラム」参加募集

国際協力

JICA九州主催「グローバル人材育成プログラム」参加募集

2015年06月12日

JICA九州国際センター(北九州市)が「グローバル人材育成プログラム」を実施します。これは日本人学生の方々にJICA研修員受入事業(課題別研修)への参加を通じて、研修員とともに分野・課題について学び、分野課題にかかる知見とコミュニケーション能力を高めていただくことを目的としています。

(1)対象となる研修コースと研修期間
・下水道システム維持管理 8/17-10/1
①日本における下水道関連法および地方自治体での下水道及び関連分野の施策と事例、②下水道システムの計画・設計に必要な基礎技術および各処理方法、③下水道システムの維持管理に必要な基礎技術、④下水道経営の考え方・広報活動、⑤事業場排水処理規制の概要と事例について学びます。この研修プログラムは、福岡市がJICAの委託を受けて実施します。アジア、アフリカ、大洋州の8か国から、8名前後の研修員が参加予定です。

・コンポスト事業運営 8/24-9/18
 廃棄物減量化のためのコンポスト技術およびその普及計画について、体系的且つ実務的に研修を行います。この研修プログラムは、(公財)北九州国際技術協力協会が、JICAの委託を受けて実施します。アジア、中東、中南米、大洋州の8か国から、10名前後の研修員が参加予定です。

(2)募集人員:各コース1~2名程度

(3)応募資格:
①英語で行われる講義やディスカッション等に参加できるレベルの英語能力(目安として、TOEIC 600点以上、TOEFL 500点(CBT 177点、iBT 62点)程度)
②上記参加期間を通して、全ての研修プログラムに参加できること。但し、大学・大学院の授業、研究等の都合により、一部日程の欠席を希望される方は、参加可能期間(もしくは欠席する日)を応募申請書に明記してください。参加可能期間に鑑みて、参加の可否を検討します。なお、研修期間中は、原則、JICAが招へいする海外からの研修員と同じ宿舎に宿泊していただきます(週末を除く)。居室は全て個室です。
③各研修コースの分野に関連する研究に携わっていること。

(4)応募方法:
①専用の応募用紙(様式1)と②履歴書(様式2)を作成し、③語学力を証明する書類とともに、JICA担当者宛にe-mail(PDFデータ)で送付することになります。応募締切は「2015年7月3日(金)必着」。
ダウンロード>>>
募集要項
応募用紙(様式1)
履歴書(様式2)
下水道システム維持管理コース研修日程
コンポスト事業運営コース研修日程
※③の語学力を証明する書類は、英検合格証、TOEIC、TOEFLスコアの写し等。これらの書類を有さない方は、履歴書の語学力欄に自己判定でレベルを明記のうえ、資格を有しない旨追記することになります。

(5)費用負担:宿泊費、研修にかかる交通費他はJICA負担。参加者が負担するのは、参加者の住居から宿泊場所までの往復交通費と生活費となります。

ご相談やご質問がありましたら、下記連絡先までよろしくお願いします。
連絡先:国際交流推進室特任教授 永石 
Tel & FAX : 092-642-4122
E-mail: nagaishi.masafumi.404@m.kyushu-u.ac.jp