ホーム >  九大生のための留学情報 >  ホストファミリー・チューター・日本語パートナー募集 >  チューター募集概要 -日韓共同理工系学部留学生予備教育コース-

九大生向け留学情報

▼チューター募集概要 -日韓共同理工系学部留学生予備教育コース-


■ チューターの募集について -日韓共同理工系学部留学生予備教育コース-

2016年10月から始まる【日韓共同理工系学部留学生予備教育コース】に、新しい留学生が参加することに伴い、今回新たにチューターを募集します。
留学生との交流を望む方やこれから海外留学を考えている方にとっては、留学生との交流により海外の大学のことや、日本と異なる文化・生活習慣などについて話を聞くことができ、とても実りあるものになると思います。
なお、2015年3月まで本プログラムは箱崎キャンパスで実施していましたが、2015年10月から伊都キャンパスで実施しています。

チューターを希望する場合は、8月21日(月)までにオンライン登録システムにより応募してください。

チューターの方には、チューター説明会(2017年9月13日(水))、留学生の来日日(2017年9月22(金)もしくは26日(火))に伊都キャンパスに来ていただくことになります。スケジュールを確認の上、ご応募ください。※来日日は、変更になることがあります。
こちらも応募前にご確認ください >>チューター応募について(PDF)

●日韓共同理工系学部留学生予備教育コースとは?

2000年に日本政府と韓国政府の共同事業として開設されたプログラムで、韓国からの理工系学部への留学予定者に対して、留学生センターで半年間の入学前予備教育を行っています。
第2次第8期となる今年は7名の留学生を受け入れ、10月からの半年間留学生センターに所属して、日本語の講義や理工系専門科目の講義を受講したあと、来年4月に理工系学部に入学します。
なお、留学生は、来日前に韓国内で半年間の基礎的な日本語の学習を受けており、日常会話程度の日本語での会話は可能です。

日韓プログラムのHP >>

http://www.isc.kyushu-u.ac.jp/center/f/preliminary.html

●チューターの役割

チューターとしての主な役割は、
日韓プログラム生の日常生活及び学習面でのサポート
(来日から半年間)です。具体的には以下のとおりです。

□ 日常生活面

・日韓プログラム生が来日した際のお世話(例:宿舎の入居手続きや銀行口座開設等の手続き)

・九州大学内の施設案内や宿舎周辺の案内

□ 学習面

・勉学しやすい環境を整えること(例:図書館での資料検索の手助け等)

* チューターになっていただく方には、
原則として1時間あたり1,000円の謝金を支給します。

(ただし、6か月間の総支給額48,000円以内)

* 応募多数の場合は、選考となりますのでご了承ください。

* 選考結果は、9月上旬までにメールにてお知らせする予定です。
応募の際には、必ず、日常的にチェックするメールアドレスを記入してください。

* チューターになっていただく方向けには、
9月13日(水)に説明会を伊都キャンパスで開催する予定です。


チューター
オンライン登録システム

http://alumni.isc.kyushu-u.ac.jp/tutor/

問い合わせ先
九州大学学務部留学生課 桑野
TEL 092-802-2228
E-mail 
intlr-isc@jimu.kyushu-u.ac.jp