▽ トビタテ!とは?

トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム(トビタテ!)は、文部科学省および日本学生支援機構が企業等との連携により、意欲的な体験活動を行う目的で海外に留学する日本人学生を支援する奨学金制度です。

 

トビタテ!への申請は、まずは皆さんの留学目的に沿って「留学計画」を立てるところから始まります。その後、九州大学を通して申請し、一次審査(書面審査)、二次審査(面接審査)を通過した後、トビタテ生に選出されます。

 

トビタテについてもっと知りたい人は下の画像 ↓ をクリック

トビタテ生は、事前研修・留学・事後研修を経て、支援企業や日本中のトビタテ生と共にグローバル人材コミュニティを形成し「産業界を中心に社会で求められる人材」、「世界で又は世界を視野に入れて活躍できる人材」になることが期待されています。

 

また、帰国後は海外体験の魅力を伝えるエヴァンジェリスト(伝道師)として日本全体の留学機運を高めることに貢献することも望まれます。

 

応募には以下、4つのコースがあります。年に2回の応募で年間約1,000名の学生がトビタテ生に選出されます。

「理系、複合・融合系人材コース」

理系分野、複合・融合系分野の留学

「新興国コース」

今後、経済成長が期待される新興国での留学

「世界トップレベル大学等コース」

世界大学ランキングで100位以内に位置する大学や、同等の教育レベルにある研究機関への留学

「多様性人材コース」

スポーツ/アート/国際協力など様々な分野や活動において、今後の活躍が期待できる人材の留学

 

応募コースは皆さんの専攻によって選択するのではなく、「留学計画」に沿って選択します。応募の詳細は「募集要項」を確認してください。