ホーム >  教職員向け情報 >  「英語による教授能力」向上のための研修プログラム

▼平成26年度「英語による教授能力」向上のための研修プログラム


本学教員を対象として、下記のとおりリーズ大学において2週間の英語による教授法等に関する研修を行います。

応募される方は、「平成26年度 英語による教授能力」向上のための研修プログラム参加申込書」を作成の上、所属部局長を経由して教育国際化推進室に提出してください。
(教育国際化推進室への提出期限は平成26年12月12日(金)です。)

●目的

平成21年度に採択されたグローバル30による国際コースの開設に伴い、英語による 講義の機会が増加しています。こうした状況を背景に、諸方面から本学教員の英語による 教授能力を高めるための全学的な取組への要望が寄せられています。そういった状況を踏 まえ、本年度も昨年度同様、本学の協定校であるリーズ大学の全面的な協力の下イギリスにて2週間の研修プログラムを実施いたします。

●研修機関

リーズ大学(英国)

リーズ大学は、33,000 名を超える正規生を擁するイギリスにおける有力大学の一つであり、 学部課程と大学院課程において多彩なコースを提供しています。現在 142 カ国から毎年4,500 名を超える留学生がリーズ大学で学んでいます。また、国際的に評価の高い研究図書館や設備の整った大教室、スポーツ施設を備え、イギリスで最大規模の学生自治会があります。その他、リーズ大学の強みとして以下が挙げられます。
<クオリティ>
・1904 年以来の卓越した教育研究拠点
・RAE2008(大学研究評価)で、イギリス国内14位の評価
・QAA(高等教育審査機関)による教育水準審査で教育学、哲学、物理学・天文学などの分野が満点評価(24 点)
・世界大学ランキング QS97 位、THE 146 位。

<サポート>
・優れた自習教材の活用により、ラーニング・スキルも向上
・自習エリアで、個人チューターや語学教育アドバイザーがサポート

<キャンパス・アクセス>
・金融・法律関係の主要都市かつ文化・ショッピングの中心地
・イギリス全土にアクセスが容易。ロンドンから電車で2時間30分、マンチェスターまで1時間。

●申請資格

  1. 九州大学に所属する教授、准教授、講師及び助教のうち、原則として「ヨーロッパ言語共通参照枠(CEFR)」においてB2平均程度ないし同等レベルの英語力を有する者。
  2. 九州大学百周年記念事業、九州大学基金に職位に応じて一定額以上の寄附実績がある者又は寄附(教授:27万円、准教授:16万円、講師:15万円、助教:6万円)を予定している者。なお、申請資格の取扱いについては、九州大学基金ホームページをご覧ください。
    http://www.kyushu-u.ac.jp/k-kikin/index.php

●定員

10名  

参加者は書類選考の上決定します。研修に参加するにあたり、傷害・疾病治療費用等を賄うための医 療保険(海外旅行傷害保険に付帯しているものでかまいません)に加入している事、あるいは加入する事が必要となります。なお、定員を超える応募があった場合は、九州大学基金の趣旨に鑑み、45歳以下(申請時)の若手教員を優先し、参加者を決定します。また、参加希望者が少ない場合は研修の実施を見送る可能性があります。

●研修期間(渡航期間)

平成 27年 3 月 7 日(土)から 3 月 22 日(日)まで。

なお、研修参加に要する期間は「出張」扱いとします。

●研修内容/スケジュール

本研修プログラムは、英語を母国語としない教員が、英語でインタラクティブな授業を行う際に有用な理論・技能・技術等を修得することを目的としています。研修の一環としてリーズ大学の講義に出席したり、自らが行う模擬授業についてコーチングを受けることができます。また、研修終了後8週間以内に自身による英語授業の模様を撮影した映像を送れば、リーズ大学講師陣から詳細なフィードバックを受ける事が可能です。なお、語学力自体を高めるための研修ではないことにご留意願います。
希望者多数の場合は、オプショナル・ツアーの実施を予定しています。(別途費用がかかります。)

詳細はこちら

●研修にかかる手配

研修にかかる航空券の手配は教育国際化推進室が行います。宿泊先については本研修プ ログラムからはホテルの推奨のみを行いますので、参加者個人で予約・手配いただきます。

●支出経費

研修料、旅費は九州大学基金から支給されます。(オプショナル・ツアー参加費除く)

なお宿泊料は本研修プログラムが推奨する宿泊施設の宿泊料に応じた金額(減額調整あり) が支給されます。(詳細については候補者決定後本人に連絡します)

●申請書提出期限

平成26年12月12日(金)

(提出先:教育国際化推進室)

●報告書の提出

研修終了後、1ヶ月以内に参加報告書を作成し、所属部局担当係を経由して教育国際化推進室に提出してください。

●その他

平成26年度実施予定のスケジュールはこちら

担当室 教育国際化推進室 流川
内線:(99)3952
Fax:(99) 3949
E-mail: intlrsuishin@jimu.kyushu-u.ac.jp