ホーム >  教職員向け情報 >  英語ビジネスライティング研修

▼英語ビジネスライティング研修


本研修は、留学生・外国人研究者対応能力及び海外の大学等とのEメールや文書による連絡調整能力を持つ職員の養成を目的として実施します。研修生は、本研修を通じてビジネスライティングの基本的なルールと相手や状況に合わせた表現方法を学習し、同時に実際の業務に則したライティングの指導を受けることができ、国際業務遂行に必要とされるコミュニケーション能力を獲得することができます。

募集は毎年5月~6月に各部局研修担当係に通知します。

担当部課 国際交流推進室 岩崎
内線: 伊都 2285(ダイヤルイン) FAX: 2286
E-mail: intlkkaigai[at]jimu.kyushu-u.ac.jp
([at]は@に変えてください)

▼実施要領

●対象者

以下の条件を満たす者で所属長が推薦する者。

  1. 原則として係長以下の事務職員及び技術職員で、現在、英語による文書等作成業務に携わっており、所属長が推薦する者。
  2. 原則として全日程受講可能な者。
  3. 原則としてTOEIC600点(通常会話でコミュニケーションができる)程度以上の英語能力を有する者。

※現在、英語による文書等作成業務に携わっていない者、有期契約職員、特定有期職員及びパートタイム職員の推薦も可能だが、推薦者多数の場合は受講できないことがある。

●研修場所・受講人数

1クラス(全課程講師とのEメール交信により学習)/約30名

※応募者多数の場合は推薦調書に基づき選考を行う。

●実施主体

国際交流推進室・国際部

●実施期間・内容

期間

8月開始(約6か月)

内容

  1. ビジネスライティングのルールの習得
  2. Eメール、ファックス、手紙など、相手や目的に合わせた表現と手段の使い分けの習得
  3. 各場面に合わせたビジネスライティング法の習得

英文添削16回 (講義テーマ6回+フリーテーマ10回)

講義はなく、すべてネイティブ講師とのEメール交信により学習を進める。月1回、ネイティブ講師が、設定された講義テーマ課題を提示し、研修生は講義テーマに則した課題を月1回提出し講師の添削・指導を受ける。講義テーマの他にフリーテーマ(大学事務に則したもの)で作成した課題を月1~2回提出し添削・指導を受ける。

講師

英語教育における指導経験が豊富で、なおかつTOEICや英語検定などの指導、及び英文添削指導に長けたネイティブ講師が指導。

●修了証書の交付

本研修の所定の課程を修得したと認められる者には修了証書を交付し人事記録に記載する。
課題提出率70%以上を修了の基準とする。