ホーム >  教職員向け情報 >  海外研修(アテネオ・デ・マニラ大学)

▼海外研修(アテネオ・デ・マニラ大学)


本研修は、本学職員に対して、海外における英語訓練の機会を提供するとともに、協定校の実務の現場を実地に体験し、また、担当者と交流することにより、大学職員として必要な実践的な英語能力の向上と業務遂行に資する国際感覚と企画能力、海外の大学に係る知識や理解力を涵養することを目的とします。

H27年度までの研修参加報告はこちらをクリック

H28年度~(学内限定公開)

H28年度01

H28年度02

H29年度01

H29年度02

担当部課 国際部国際戦略課国際戦略推進係
内線:伊都 2223, 2282
E-mail: intlssuishin[at]jimu.kyushu-u.ac.jp
([at]は@に変えてください)

▼実施要領

●実施期間

例年9月から11月上旬

●受講者数

最大2名

●対象者

英語検定2級(TOEIC540~640)程度以上の英語力を有する事務職員及び技術職員で、九州大学百周年記念事業又は九州大学基金に一定額以上の寄附実績がある者を対象とする。ただし、期間を定めて雇用される者、教室系技術職員、医療技術職員、看護職員及び育児休業中の者を除く。
なお、国際交流業務に従事する者に限らず、現在の業務に本研修の成果を効果的に反映したいと考える者を広く対象者とする。

●研修場所

アテネオ・デ・マニラ大学(フィリピン国マニラ市)

●研修内容

第1週~第5週 英語研修(Ateneo Language Learning Centerにて)
第6週 実務研修(アテネオ・デ・マニラ大学内の事務オフィスにて)
※実務研修先は、研修生の研修計画書に基づき、アテネオ・デ・マニラ大学と協議して決定する。

●選考

面接により、選考を行う。

●旅費

本学旅費規程により、福岡-マニラ間の往復航空運賃及び研修期間中の日当、宿泊料を支給する。旅費の手続きは、国際部が行う。
搭乗する往復航空便は、国際部で指定するが、その他の旅行手配一式は、全て受講者が行う。また、宿泊は、アテネオ・デ・マニラ大学が指定する宿舎を利用する。
なお、旅費は九州大学基金が支援する50万円を上限とする。

●研修前講義、報告書等

受講者は、研修前に所定の講義を受講する。また、研修後は所定の様式による報告書を帰国後1週間以内に提出するとともに、開催される報告会にて、研修成果について報告する。

●修了証書の交付

本研修の所定の課程を修了した者には、修了証書を交付し、人事記録に記載する。