お知らせ

第19期修了生の声

2019/09/27

第19期修了生、リー・インインさん(クイーンズランド大学)から、JLCCプログラムを修了するにあたって、素敵なメッセージをいただきました。

「異世界へ」

クイーンズランド大学 JLCC19期生(2018-2019) リー インイン

日本の大学がたくさんあるのに、なぜ九大、JLCCを選んだだろう。初めて見た時、伊都キャンパスは田舎だし、留学生も多いので日本人とあまり関わらないだろうと思う人が多いと思うだろう。私もその1人だった。しかし、「人は見かけによらぬもの」という諺のように、勝手に判断してはいけない。

JLCCの授業がある程度難しいけどそれより面白くて先生も親切なので、いつも授業を楽しみにしていた。授業以外、研修旅行も提供されるので機会を捉え、色んな所に行けた。九大で留学生が多いから日本人との交流は少ないだろうと思いきや、想像したより多かった。日本人学生と一緒の授業、日本人と留学生の交流のサークル、探してみたら色々あってびっくりした。最後に、田舎って何もない!という思いに対して、田舎だからこそ忘れない思い出が作れるのだ。来る前に自分も知らなかった。カラオケでオールしてから朝6時に皆と一緒にドミトリーに眠いなか、ゆっくり歩いて帰ったという思い出がなぜか分からないけど一番忘れられない。

ここで自分と向き合った。ここで本当の自分を発見した。後悔なんて、ない。もし留学をもう1回をやり直すチャンスがあっても、世界の何物にも代えられない。

  糸島市にて。

 天草市にて。

 福岡市にて。

 

pagetop