News

【January 21, Monday】Special Symposium:Voice of Hibakusha, Atomic Bomb Survivor/被爆体験講話を開催します

 長崎に原爆が投下されて73年が経ち、被爆の現状を直接知る方々も少なくなりました。今回、長崎から被爆体験をした方を講話者に迎え、伊都キャンパスで講話会を開催します。被爆者の声を直接聞くことができる大変貴重な機会です。九大で学ぶ留学生も多数参加します。あなたも留学生と一緒に、被爆体験講話を聞き、平和の尊さについて改めて考えてみませんか?
 A very rare opportunity to hear a survivor of the 1945 Nagasaki Atomic Bomb share her experience will be held at the time and place indicated below. We hope you will take advantage of this opportunity, and we look forward to your participation.


 【Date/日程】January 21, Monday/1月21日(月)
 【Time/時間】1:00pm – 3:00pm
 【Place/場所】Jonathan KS Choi Cultural Centure of Japan/日本ジョナサン・KS・チョイ文化館(伊都キャンパス)
 【Language/言語】Japanese with English Interpretation/日本語(英語による逐次通訳付)
 ★Free admission/参加無料
 ★No pre-registration required/事前登録不要