査証(ビザ)/在留資格認定証明書(CoE)について

1.査証(ビザ)について

 「出入国管理及び難民認定法(入管法)」に基づき、日本に入国しようとする外国人の皆さんは、原則として、自国政府の発給する有効な旅券(パスポート)に、日本国政府の発給する査証(ビザ)を受けたものを所持した上で来日する必要があります。

 査証は、旅券が有効であることを「確認」するとともに、入国しても支障がないという「推薦」の意味がありますが、査証を所持していることはあくまでも入国の要件の一つであり、入国を保証するものではありません。

 査証は、外国にある日本大使館または領事館において発給されます。
 申請は、皆さんご自身が行う必要があります。(代理人が日本国内で手続きする制度はありません。)
 また、日本に到着した後に取得することはできません。

外務省 ビザ・インフォメーション・サービス
電話:03-5501-8431(自動応答電話システム)

2.在留資格認定証明書(CoE)について

 在留資格認定証明書(CoE)は、日本に入国しようとする外国人の皆さんが,入国のための条件に適合しているかどうかについて法務大臣が事前に審査を行い、この条件に適合すると認められる場合に交付されるものです。

 CoEを交付された場合、日本大使館または領事館にCoEを提示して査証の発給申請をした場合には、査証の発給は迅速に行われます。また、入国時にCoEを提示することにより、空港等における上陸審査も簡易で迅速に行われます。

 在留資格認定証明書の有効期間は、交付日より3ヶ月間で、この有効期間内に日本に入国しなければ無効となります。

3.在留資格認定証明書(CoE)の代理申請について

 九州大学では、皆さんを受け入れる日本の機関として代理でCoEの交付申請を行っています。
 申請は、下記のオンライン「入国支援システム」にて受け付けます。

 九州大学への入学や雇用・滞在が決定した時点で、サポートセンターより、システムにアクセスするためのIDとパスワードをお知らせするメールが届きますので、申請をお願いします。

Online Application System

【申請期限】 入国予定日の約2ヶ月前まで(目安)

  • 申請期限を過ぎて申請した場合、査証の発給が間に合わず、予定日に入国できない可能性があるため、くれぐれも申請期限を守ってください。
  • 申請内容は全て入国審査に関わることですので、くれぐれも虚偽のないように入力してください。

【申請対象者】

  • 本学で勉学や研究活動を行うために在籍する外国人留学生・研究者 
    (『短期滞在』の在留資格該当者は除く。次項を参照)
  • 上記外国人留学生・研究者の配偶者および子 
    (ただし、同時に申請する場合に限る)

4.『短期滞在』査証について

 九州大学から報酬・給与を得ない研究者や留学生で、日本での滞在期間が90日以内の方は、日本大使館または領事館に申請に必要な書類を持参し、『短期滞在』の査証を申請します。(日本国内では手続きできません。)

 また、短期滞在査証の取得が免除される国・地域があります。その場合は、事前に査証を取得する必要はなく、日本に上陸する際に『短期滞在』の在留資格が与えられます。

※場合によっては、通常求められる書類以外のものが必要となる場合がありますので、詳細は各在外日本公館のホームページにて確認してください。
※『短期滞在』の在留資格を取得する場合は、在留資格認定証明書の交付申請制度はありません。したがって、サポートセンターによる代理申請のサービスもありません。
皆さんご自身で日本大使館または領事館に行っていただき、直接、査証の申請手続きをする必要があります。