九州大学留学ガイド

その他

危機管理

海外での危機管理

海外へ行くと、環境や生活習慣などの様々な違いがあり、それを契機に様々な「危機」に直面することもあり得ます。災害やテロのみが「危機」ではありません。みなさんにどのような「危機」が待ち受けているのか、また予防・対策をどうするのか、充分に有意義な留学生活を送るため、「危機」に対する意識を高めて準備しましょう。

1.危機管理セミナー

九州大学では、例年1月と7月に海外へ渡航する全学生を対象に危機管理セミナーを開催しています。このセミナーでは、海外で生活する上での心構えや、準備しておくべきことなどを学びます。開催時期と参加方法については、海外留学メールマガジン(学生ポータル)を確認してください。

  • 1.夏渡航学生対象 :毎年7月頃開催 オンライン開催(予定)
  • 2.春渡航学生対象 :毎年1月頃開催 オンライン開催(予定)

2.海外留学保険

留学中は、事件・事故に巻き込まれたり、慣れない環境で思いがけない病気に罹るなど、医療行為が必要になるリスクは高くなります。海外での医療費は基本、全額自費で負担することになり、入院・手術などが必要な場合、数十万~数百万円、場合によっては数千万円単位の医療費が請求されることもあります。医療施設や医療水準が十分でない国では、国外への緊急移送が必要となることもあります。
海外留学保険は必ず加入し、補償内容は家族(保護者)と相談して決めることが重要です。
九州大学や学部/学府等が主催するプログラムで留学する学生は、海外留学保険に加入することが義務づけられています。
また、派遣先によっては、ビザ取得の際に海外旅行保険の補償内容が指定されている国もあります。受入大学が保険を指定することもありますので、保険加入前に各自確認してください。
大学間交換留学等のいくつかの学内プログラムは、危機管理サービスとセットされた特定の留学保険への加入を義務づけています。一方、短期プログラムの多くは「学研災付帯 海外留学保険」への加入を義務としています。留学プログラム参加が決まったら、担当者から案内があるので確認してください。

3.出発前の情報収集 「海外安全ホームページ」(外務省)

情報収集は「危機管理」の第一歩です。外務省の「海外安全ホームページ」では渡航先の安全状況の確認が出来ます。また、パスポート紛失や緊急時に備え、大使館・総領事館の場所、警察の場所や電話番号などを事前に確認しましょう。
外務省HP : http://www.anzen.mofa.go.jp/

渡航先国の情報の探し方
渡航先国の情報の探し方

※有事の際は、現地の報道もチェックしましょう。

4.留学先での情報入手「たびレジ」・「在留届」の登録

旅券法第16条により、外国に住所または居所を定めて3ヵ月以上滞在する日本人は、その住所または居所を管轄する日本国大使館・総領事館(在外交館)に「在留届」を提出することが義務づけられています。この届出は留学先に到着後、直ちに提出してください。
「在留届」を提出することで、緊急事態が発生した場合に日本国大使館や総領事館からメールによる通報や迅速な援護が受けられます。
渡航期間が3か月未満の場合は、「たびレジ」に登録してください。(参加するプログラムが危機管理サービスに加入する場合、「たびレジ」に参加者全員をまとめて自動登録することもあるので、プログラム担当者に確認してください。)

たびレジ

たびレジ・在留届HP
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/

5.留学中に気を付けること

1)危険情報と行動の基準

留学中の治安の悪化、災害、騒乱その他の緊急事態の発生時には、現地情報を注視しつつ、外務省の海外安全情報に基づき、対応しましょう。
外務省は海外安全対策上の危険情報に4段階の目安を設定しています。

レベル1:十分注意してください。
その国・地域への渡航,滞在に当たって危険を避けていただくため特別な注意が必要です。
レベル2:不要不急の渡航は止めてください。
その国・地域への不要不急の渡航は止めてください。渡航する場合には特別な注意を払うとともに,十分な安全対策をとってください。
レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)
その国・地域への渡航は,どのような目的であれ止めてください。(場合によっては,現地に滞在している日本人の方々に対して退避の可能性や準備を促すメッセージを含むことがあります。)
レベル4:退避してください。渡航は止めてください。(退避勧告)
その国・地域に滞在している方は滞在地から,安全な国・地域へ退避してください。この状況では,当然のことながら,どのような目的であれ新たな渡航は止めてください。

出典:外務省海外安全ホームページ https://www.anzen.mofa.go.jp/masters/risk.html

※九州大学では,外務省の発出する各国の危険情報(海外安全ホームページ)に基づき,学生の海外渡航に関する措置を定めています。外務省による危険情報が,レベル2以上の地域への学生の渡航は、個人手配の留学も含め、原則として認めていません。留学中にレベル2以上になった場合は、直ちに帰国を指示します。
(2021年1月現在の時点で、九州大学新型コロナウイルス感染症対策本部により、留学を目的とした学生の渡航は不可とされています。)

2)危機回避の行動三原則

「目立たない」、「行動をパターン化させず察知されない」、「常に用心を怠らない」

これらは安全のための行動三原則です。留学先では、夜間の行動や昼間でも華美な服装での行動を控えるなど注意をしましょう。

3)疾病について

海外では、慣れない気候や時差、食習慣などにより、体調を崩すことがあります。また慣れない環境で精神的に落ち込むこともあるかもしれません。風邪や持病には常備薬を持参する、落ち込んだ時のストレス発散方法を考えておくなど事前に準備をしましょう。
また、現地での医療機関の所在地、連絡先も調べておきましょう。

6. 海外渡航危機管理ハンドブック

九州大学で発行している海外渡航危機管理ハンドブックです。留学者には携帯できるサイズの冊子を配付しています。

https://www.isc.kyushu-u.ac.jp/intlweb/web/wp-content/uploads/2021/03/guidebook_cm.pdf
冊子が入手できる場所 :
留学課(伊都地区センター4号館4F)、SALC(伊都地区センター1号館1F)、
各地区のグローバル学生交流センター

留学希望者は次のWebサイトも参照してください。
Global gatewaysの「危機管理」ページ

Page
Top