九州大学留学ガイド

留学に向けて

留学のススメ

今日、国際社会のグローバル化は多くの新しい挑戦や可能性を生んでいます。情報技術の発展によりニュースは瞬時に世界を駆け巡り、人々は国境を越えて教育を受け、仕事をし、友情を育むことが珍しくない時代になりました。私たちの日々の暮らしも、今や海外の人々との繋がり無しに成り立たず、多文化共生は重要な課題になっています。そんな時代を生きる皆さんは、学生時代にどのような学びを経験し、そこからどのような知識や技術、技能を身に付けるべきでしょうか。
留学は、否応なく語学力が向上し、異文化体験ができ、国際理解を深め、日本社会や自分自身を見つめ直す事のできる素晴らしい機会です。九州大学では、様々な短期留学プログラムや交換留学制度、奨学金制度があり、例年2000名以上の九大生が海外留学をし、海外からも約同数の学生が来日し皆さんと学びを共にしています。
新型コロナウイルスは私たちの生活を一変させました。Volatility(変動性)、Uncertainty(不確実性)、Complexity(複雑性)、Ambiguity(曖昧性)を表す4英単語の頭文字をとった「VUCA」が時代のキーワードになっています。いつ自由に渡航ができるのか、留学なんてできるのかと疑問を抱く皆さんも多いことでしょう。しかし、状況は時々刻々と変わっています。学生時代に海外で学ぶという貴重な選択肢を失わないよう準備をすることは大切です。
本学の特色ある留学プログラムを利用して学びの場を世界へと拡げ、グローバル人材の第一歩を踏み出すため、ぜひこのガイドを活用して下さい。Good luck!

留学実現に向けてのSTEP

STEP1留学準備

情報収集 / 国内で語学力強化 / 異文化理解力の強化

必要となる語学力
初級
取組時期の目安
1年次 2年次
取組内容
・留学の選択肢、費用、奨学金制度等を知る ・海外の生活に最低必要な語学力の習得 ・海外の生活等に関する基礎知識の習得

STEP2海外留学(短期)

短期留学(数週間 - 1ヶ月程度)

必要となる語学力
初・中級
取組時期の目安
1年次 2年次
取組内容
・留学のイメージを掴む
・海外でもやっていける自信をつける
・異文化の体験
・外国語の壁を取り除く

STEP3海外留学(中・長期)

長期留学(1学期 - 1年間) / 海外インターンシップ / ダブルディグリー

必要となる語学力
中・上級
取組時期の目安
2 – 4年次
取組内容
・専門知識の習得
・議論が出来るレベルの語学力の習得

世界で活躍する人材へ
海外大学院留学、国内外グローバル企業への就職etc.

参考①:語学力の目安(英語の場合)

語学力レベル TOEFLスコアの目安 備考
初級 TOEFL ITP 500 / iBT 65 簡単な日常会話ができるレベル
中級 TOEFL ITP 550 / iBT 80 交換留学で最低限求められるレベル
上級 TOEFL ITP 600 / iBT 100 大学院留学またはトップクラスの大学学部留学で求められるレベル

参考②:語学力の目安

各資格・検定試験とCEFRとの対照表(文部科学省)
※英語は表中の”IELTS”と”TOEFL iBT”を参照。

Page
Top