九州大学留学ガイド

[2022年度版]

STEP2海外留学(短期)

九州大学主催の
短期留学プログラム (夏休み、春休みを利用)

  • ★コロナ渦以前に実施していた内容に、一部情報更新して掲載しています。(2022年1月時点)
    参考情報としてご覧ください。
  • ★正規課程の全学生が対象となるプログラムを掲載しています。(一部例外を除く)
  • ★下記のプログラムのほか、各学部がそれぞれの所属学生を対象に実施する短期プログラムもあります。
    (学部内プログラムの問い合わせ先:所属学部/大学院の学生担当係)

夏休みのオーストラリア英語研修、春休みのカナダ英語研修が新たに加わる予定です。募集が決定したら学生ポータルの海外留学情報で周知します。

語学研修(参考)

 ファースト・ステップ語学研修(英語@カナダ)
使用言語 英語
募集開始時期 4月
実施期間 8月末/9月初旬~9月下旬(約3〜4週間)
派遣人数(定員) 各15名〔先着順〕※初めて留学する学生を優先
研修先@所在地 ブリティッシュコロンビア大学@カナダ
自己負担金額概算(詳細は備考に記載の各プログラムのサイトを参照のこと。為替レート等により額は変動する。) 50~60万円程度
単位認定の有無 有※
特色 初めて留学する学生を対象とした英語研修プログラムで、まずは「留学」がどのようなものか体験する。研修を通じ、その後の学習、キャリア、留学プランなど各自の「セカンド・ステップ」について考える。●研修地はカナダの大学附属英語学校で、各国からの学生とともに学ぶことができる。キャンパス内の食堂やショップも使用可能。海外の大学でのキャンパスライフの一端を経験できる。●研修内容は、英語の授業に加え、フィールド・トリップ、各種アクティビティを含む。英語クラスは、到着後にテストを受け、レベル別となる。
詳細情報掲載場所 https://www.isc.kyushu-u.ac.jp/intlweb/study/prgrm1

※平成30年~令和2年度の入学者は、基幹教育科目英語科目「学術英語C集中演習」2単位へ申請可。令和3年度以降の入学者は「学術英語・集中演習」2単位へ申請可。

 オーストラリア英語研修(仮称)

※予定情報なので参考にとどめてください。詳細が決まったら、学生ポータルの海外留学情報(海外留学メルマガ)等により周知します。

使用言語 英語
募集開始時期 4月
実施期間 8月下旬または9月初めから3~4週間
派遣人数(定員) 未定〔先着順〕
研修先@所在地 未定
自己負担金額概算(詳細は備考に記載の各プログラムのサイトを参照のこと。為替レート等により額は変動する。) 未詳
単位認定の有無 未定
特色 レベル別クラスでの英語研修。中級以上の英語レベルでの参加を想定。
詳細情報掲載場所 ※募集開始時には次のサイトに掲載予定
https://www.isc.kyushu-u.ac.jp/intlweb/study/prgrm1
 CLP-C(中国語研修)(@台湾)
使用言語 中国語
募集開始時期 7月
実施期間 2月下旬又は3月初めから約3週間
派遣人数(定員) 20名程度〔選考有〕
研修先@所在地 台湾師範大学@台北
自己負担金額概算(詳細は備考に記載の各プログラムのサイトを参照のこと。為替レート等により額は変動する。) 8~10万円程度(研修先大学と九州大学の経済支援があるため)
単位認定の有無 有(中国語集中演習1単位)
特色 ●プログラム費用(授業料)を九大及び台湾師範大が負担。●宿泊費も九大が負担。●福岡から空路約2時間半、治安も良好な台北での研修。●台湾師範大学国語教学センターの春期プログラムに参加する形式で実施。(同センターは台湾において、外国人への中国語教育に最も長い歴史をもち、最高の評価を受けている。)●レベル別少人数クラスで中国語の集中トレーニングと各種文化体験授業を受講。●宿泊先は台湾師範大学の短期プログラム専用施設。授業棟から徒歩0分。
詳細情報掲載場所 https://www.isc.kyushu-u.ac.jp/intlweb/study/prgrm1
 カナダ英語研修(仮称)

※予定情報なので参考にとどめてください。詳細が決まったら、学生ポータルの海外留学情報(海外留学メルマガ)等により周知します。

使用言語 英語
募集開始時期 9月
実施期間 2月下旬または3月初めから3~4週間
派遣人数(定員) 未定〔先着順〕
研修先@所在地 未定
自己負担金額概算(詳細は備考に記載の各プログラムのサイトを参照のこと。為替レート等により額は変動する。) 未詳
単位認定の有無 未定
特色 レベル別クラスでの英語研修。
詳細情報掲載場所 ※募集開始時には次のサイトに掲載予定
https://www.isc.kyushu-u.ac.jp/intlweb/study/prgrm1
Page
Top