本文へジャンプ

奨学金一覧

私費留学生のための奨学金は,募集があればその都度,各学部の留学生担当係を通じて掲示等により通知します。募集期間の短い奨学金もありますので注意してください。
本学の留学生が受給している奨学金は次のとおりです。

*募集中の奨学金名をクリックすると募集要項をご覧いただけます。

更新日 奨学金名 支給額 支給期間 対象学生 対象地域 過去の採用数 募集時期 決定時期 備考
2015 2016
none 2017年
03月22日
金澤記念育英財団 学部生:月額3万円、大学院生:月額5万円 最短修業年限(最長2年間) 学部生・修士・博士 ※研究生は不可。 無し 0 1 3月〜4月初旬 6月上旬 ・学内選考あり。
・財団申請書類は日本語・自筆での記入が必要。大学院生はさらに、日本語で作成した研究計画書の提出も必要。
none 2017年
03月21日
安田奨学財団(スポーツ枠) 月額10万円 最短修業年限 ・H29年4月入学の学部1年生(新入生)
・H29年3月時点で、学部1〜3年生
無し 0 0 〜4月上旬 6月中旬 ・大学公認の運動部に所属していることが必要です。(その他詳細は募集要項を確認してください)
none 2017年
03月21日
橋谷奨学会奨学金 月額10万円 最短修業年限 学部生・研究生・修士・博士 インドネシア 0 0 3月下旬 6月下旬 ・学内選考あり。詳細は所属の学生係に問い合わせてください。
・申請書類は日本語で本人直筆での作成が必要。(1,000字の作文含む)
none 2017年
03月10日
吉本章治奨学会奨学金 月額5万円 最長2年間 ※ただし、研究生は1年間。 学部生、研究生、修士、博士 無し 2 1 3月 5月 学内選考あり。応募締切等の詳細は、所属の学生係で必ず確認してください。
none 2017年
03月06日
一般財団法人鷹野学術振興財団奨学金 年間60万円(月額5万円×12ヶ月) 1年間(H29年8月〜平成30年7月) 学部生1〜3年生、修士課程1年生 (H29年4月時点) 指定無し 0 0 4月3日(月)〜5月15日(月)※個人申請。 6月下旬 ・専攻分野:科学技術系(詳細は財団HPを確認してください)
・日本語の会話・読み書きに習熟している者。
none 2017年
02月22日
朝鮮奨学会奨学金 月額2.5万円(学部),月額4万円(修士),月額7万円(博士) 1年間 学部,修士,博士 韓国・朝鮮籍 3 3 2月〜3月 7月中旬 ・学内選考あり。
・申請書類は日本語での作成が必要。(ワープロ入力可)
・必要により面接審査あり。
none 2017年
02月14日
ドコモ留学生奨学金 月額12万円 2年間 2017年4月に修士1年に入学する者(専攻:通信・情報処理技術分野) アジア 0 1 2月〜3月 7月上旬 ・学内選考あり
・日本語で研究発表ができる程度の日本語能力が求められています。
none終了 渕上育英会奨学金 月額5万円 2年間 学部3・4年生、修士、博士 アジア・アフリカ 1 1 3月 4月 ・学内選考あり。募集期間が短いので、希望者は所属の学生係に早目に問い合わせてください。
・面接選考あり(日本語)
none終了 イオン・スカラシップ 月額10万円+授業料 原則2年間 学部生、修士(2017年4月時点) 中国、韓国、マレーシア、タイ、台湾、インドネシア、フィリピン、ベトナム、カンボジア、ラオス、ミャンマー、バングラデシュ 3 3 3月 5月中旬 ・7月1日(土)開催の認定証授与式に必ず出席し、その他財団が企画する行事に積極的に参加できる者。
・申請書の作成や、財団の行事において、日本語で対応できる者。
none終了 小林国際奨学財団(一般奨学金) 学部:月額15万円、修士・博士:月額18万円 最短修業年限 学部3年生以上(6年制学部は5年生以上)、修士、博士 アジア 1 1 2月下旬 4月下旬 ・学内選考あり。締切間近のため、希望者は速やかに学生係へ問い合わせてください。
・日本語による意思伝達が可能であることが求められています。(申請書は日本語自筆記入。作文含む)
none終了 旭硝子奨学会 月額10万円 最短修業年限 修士1年、博士1・2年 ※2017年4月時点。 タイ・インドネシア・中国・韓国 1 0 2月 5月下旬 ・学内選考あり
・大学推薦後、財団での書類選考に合格した者は、4/10(月)〜14(金)の平日に実施される面談に参加する必要あり
・申請書の記入・面談は英語対応可
none終了 佐川留学生奨学会奨学金 月額10万円 2年間 学部3年生(6年制は5年生)、修士1年生、博士2年生(4年制は3年生) ※春期入学者のみ対象。 ※2017年4月時点 東南アジア 1 0 2月〜3月上旬 5月中旬 ・学内選考あり
・財団主催の交流会等に出席する必要あり
・財団申請書は日本語で自筆記入が必要(留学目的・研究内容等の記述含む)
none終了 興南アジア国際奨学財団奨学金 月額9万円 1年間 学部生・修士・博士(最終学年者のみ)*ただし、支給期間中に最終学年が到来する者も可。 アジア 6 4 2月 5月中 ・日本語による意思伝達が可能である者。
・学内選考あり。
none終了 帝人久村奨学生(修士課程) 月額5万円 正規修業年限 2016年9・10月または、2017年4月に修士課程(医・薬・バイオ・理工・工・情報学系)に進学することが決定している者。 無し 0 0 2月 6月下旬 ・本奨学金は学内選考を行います。応募を希望する学生は、必ず所属の学生係へ問い合わせてください。
・財団申請書は全て日本語での自筆記入が必要です。
none終了 石橋財団奨学金(前期) 月額15万円 最長2年間 修士・博士・研究生(美術史専攻)※新規渡日者 無し 1 0 1〜2月 5月中旬 授業等に適応することができる日本語能力を有していることが求められます。
none終了 富士ゼロックス株式会社 小林基金 1件120万円(限度額) 1年間 博士(専攻分野:人文・社会科学) アジア・オセアニア 1 1 1月〜2月 ※個人応募 5月下旬 個人応募。希望者はURLから詳細を確認し、各自で応募してください。
none終了 安田奨学財団 月額10万円 最長3年間 法学部・経済学部の新2年生(2017年4月時点) 無し 0 0 11月〜12月 2017年3月 ・学内選考なし。ただし、応募書類の提出期限などについては、所属の学生係に確認すること。
・面接選考あり。(予定:2017年2月末)
none終了 KDDI財団  月額10万円 6ヶ月または1年 大学院生(修士、博士) 無し 0 1 7月 1月下旬 法律、政治、経済、社会、文化、技術の各分野において、情報通信関連事項をテーマとした研究に取り組んでいる者。
none終了 百賢亜洲研究院「ASIAN FUTURE LEADERS SCHOLARSHIP PROGRAM」 US$25,000/年、最長2年間 2年間 正規課程入学予定者及び学士・修士・博士 中国・台湾・韓国 0 2 2016年12月〜2017年1月 2017年5月 ?希望者は、財団HPから直接オンライン申請を行ってください。(個人申請)
?オンライン申請者の中から、学内選考を行い、大学推薦者を決定します。(最大10名)
?財団で一次選考(書類審査)が行われ、書類選考合格者は二次選考(面接)を受けます。
none終了 共立国際交流奨学財団 月額10万円(共立国際交流財団奨学金)、月額6万円(共立メンテナンス奨学基金奨学金) 2年間(共立国際交流財団奨学金)、1年間(共立メンテナンス奨学基金奨学金) 学部・修士・博士(奨学金の種類による) 大韓民国、中華人民共和国、台湾、香港、モンゴル、ベトナム、ラオス、カンボジア、タイ、ミャンマー、マレーシア、シンガポール、インドネシア、フィリピン、インド、スリランカ、パキスタン、バングラデシュ、ネパール、ブータン、東ティモール、ブルネイ、モルディブ 1 0 11月〜12月上旬 2017年3月 ・学内選考あり。
・財団への申請書は、日本語で記入する必要あり。作文2種類を含む。
・奨学金授与式や研修会への参加が必須。
none終了 三菱商事外国人留学生奨学金 月額10万円(学部)、月額15万円(大学院) 最短修業年限 学部3、4年生(6年制の場合は5〜6年生)、修士、博士(4年制の場合は2〜4年生) 無し 1 2 11月〜12月上旬 2017年3月 ・学内選考あり。
・英語版、日本語版の募集要項あり。
none終了 佐藤陽国際奨学財団 月額15万円(学部)、月額18万円(大学院) 2年間 学部生・修士・博士 ※詳細を必ず募集要項で確認してください。 バングラデシュ、ブータン、ブルネイ、カンボジア、インド、インドネシア、ラオス、マレーシア、モルディブ、ミャンマー、ネパール、パキスタン、フィリピン、シンガポール、スリランカ、タイ、東ティモール、ベトナム 0 0 11月下旬〜12月上旬 一次選考:2月、二次選考:3月 ・本奨学金は学内選考を行いません。
・応募書類の提出期限は、所属の学生係で必ず確認してください。
none終了 岩谷国際留学生奨学助成 月額15万円 1年間 自然科学系 修士・博士 東アジア・東南アジア(中国・韓国・モンゴル・台湾・カンボジア・インドネシア・ラオス・マレーシア・ミャンマー・フィリピン・シンガポール・タイ・ベトナム) 0 0 12月 2017年3月 本奨学金は、財団への直接応募です。詳細は、財団ホームページをご確認ください。
none終了 田坂育英基金 月額5万円 1年間 学部生、修士、博士 無し 1 2 11月 2017年2月 ・学内選考あり。
・申請書類は日本語で記入。
・書類選考通過者は面接あり。(日本語で実施)
none終了 川嶋章司記念スカラ−シップ基金 月額10万円 2年間 学部3,4年生、修士、博士 無し 1 1 11月 2017年3月 ・学内選考あり。
・申請書は日本語で直筆の記入が必要。(3種類の作文含む)
none終了 大塚敏美育英奨学財団(大学推薦) 年額100万円、150万円または200万円 1年間 医歯薬学系専攻の博士、経営系専攻の修士・博士、工学系(分野指定有)専攻の博士 無し 3 2 11月上旬 2017年3月 ・学内選考あり。
・募集要項に載っていない応募資格もあるので、希望者は必ず学生係で確認してください。
none終了 JTアジア奨学金 15万円/月 最長2年間 修士、博士 アジア 0 1 11月上旬 2017年2月上旬 ・学内選考あり。
・日本語でのコミュニケーションが可能な者。
・財団の交流行事(年3回予定)に積極的に参加できる者。
none終了 生命保険協会留学生奨学金(セイホスカラーシップ) 100,000円/月 2年間 学部3年生、修士1年生 アジア 0 0 11月上旬 3月上旬 ・学内選考あり。
【主な応募資格】
・金融業界、特に生命保険に関心のある者。卒業後に、同業界への就職を希望する者を優先。
・日本語による意思伝達が可能な者。
none終了 T.バナージインド留学生奨学金 100,000円/月 最短修業年限(最長4年間) 学部、修士、博士 インド     11月上旬 2017年1月 日本語による意思疎通が可能な者。財団への申請書類は日本語での作成が必要。(3種類の作文含む)
none終了 豊田通商留学生奨学金 100,000円/月 1年間 学部3年、修士、博士(経済・法律等の社会科学、人文科学及び理学、工学を専攻する者) なし     11月上旬 2017年2月 ・学内選考あり。
・アフリカ出身者を優先。
・財団への書類は日本語での記入が必要。(4種類の作文含む)
none終了 丹羽宇一郎奨学金 月額7万円 1年間 大学院生(社会科学系分野のみ) 中国 0   11月 3月中旬 希望者は財団へ直接申請してください。
none終了 伊藤国際教育交流財団奨学金 月額18万円 2年間 修士(2016年10月または2017年4月入学予定者) 無し     10月(個人申請)   ・面接あり。(2017年1月28日または29日)
・応募資格の中に「日本語ができる者」とあり。
none終了 藤井国際奨学財団 月額5万円 最短修業年限 学部生・修士・博士 アジア ※対象国は募集要項を参照。 2 2 9月 12月下旬 ・併給は基本的に不可。
・面接で問題なく受け答えができる程度の日本語能力がある者。
none終了 平和中島財団奨学金(外国人留学生向け) 月額10万円 1年間 学部生・修士・博士 無し 0 0 9月 3月 ・学内選考あり。(応募締切は所属学生係で確認してください)
・大学から推薦されることが決まった場合、財団に提出する申請書等は日本語での記入が必要です。
none終了 帝人久村奨学金(博士後期課程) 月額6万円 正規修業年限 博士(医・薬・バイオ・理工・工・情報学系) 無し 1 0 8月 12月下旬 ・学内選考あり。(応募締切は所属学生係で確認してください)
・大学から推薦されることが決まった場合、財団に提出する申請書等は日本語での記入が必要です。
none終了 似鳥国際奨学財団奨学金 月額11万円 1年間 学部2・3・4年、修士 無し 0 1 8月〜11月 1月下旬 【応募資格】
・日本語による意思伝達が十分可能である者。
・他の奨学金との併給不可。
・過去に本奨学金の受給歴または応募歴がある者は不可。
none終了 交流協会奨学金(台湾) 月額14万4千円(修士)、14万5千円(博士)、授業料等 標準修業年限 修士、博士 台湾 2 1 8月〜10月 2月下旬 希望者は交流協会に直接応募してください。
none終了 ロ−タリ−米山記念奨学会奨学金 月額10万円(学部)、月額14万円(大学院) 最長2年間 学部3・4年生(医・歯学部は5・6年生)、修士、博士2・3年生(医学系・歯学府は5・6年生) 無し 8 7 8月 12月中旬〜2月初旬 ・募集要項をよく読み、必ず奨学金の趣旨を理解してから応募してください。
・学内選考の締切日は部局によって異なりますので、必ず所属の学生係に確認してください。
none終了 公益財団法人NEC C&C財団「外国人研究員助成」 月額12万5千円 最長1年(2017年4月〜もしくは2017年10月〜) 博士 なし     7月〜9月 12月中旬 【応募資格】※詳細は財団HPを確認のこと。
・C&C分野及びその関連技術の研究に携わっていること。
・原則として40歳以下であること。

ページの先頭へ戻る