JLCC Japanese Language and Culture Course

JLCCについて

九州大学日本語・日本文化研修コース(JLCC)は、日本国以外の大学に在学し、日本語・日本文化に関する分野を専攻している学生を11か月間受け入 れ、今後の日本研究に必要となる日本語能力の向上を図るとともに、日本の社会や文化に関する理解を深めることを目的とした短期留学コースです。 日本国の国費留学生の他、九州大学との交流協定を締結している大学からの交換留学生を受け入れています。

※2018年10月より研修期間を12→11か月間へ変更

九州大学について

九州大学は,1911年に九州帝国大学として誕生して以来、約1世紀にわたって、多くの人材を世に送り出し、顕著な研究成果を社会に発信し続けています。 現在、学生約19,000名、教員約2,100名、職員約2,300名が在籍し、12学部、18大学院、4附置研究所,病院などを擁する我が国有数の総合 大学です。 2011年には創立百周年を迎え,「自律的に改革を続け,教育の質を国際的に保証するとともに,常に未来の課題に挑戦する活力に満ちた最高水準の研究教育拠点となる」ことを基本理念とし,「九大百年,躍進百大」,すなわち,すべての分野において世界のトップ百大学に躍進することを行動計画として掲げています。とりわけ,九州大学は,九州の玄関口,福岡に位置することから、地理的・歴史的にアジアに近く,開学当初から「アジアに開かれた大学」を標榜しています。2005年10月には福岡市西部に九州大学の新たな中心となる新キャンパス(伊都キャンパス)が開校し,工学系から順次移転を行っており,本コースも2015年10月から伊都キャンパスで実施しています。