コース概要

日本語・日本文化研修コースの概要

九州大学日本語・日本文化研修コース(JLCC)は,日本国以外の大学の学部もしくは大学院に在籍し,日本語・日本文化に関する分野を専攻している学生を11か月間受け入れ,今後の日本研究に必要となる日本語能力の向上を図るとともに,日本の社会や文化に関する理解を深めることにより,諸外国の将来を担う世代に日本への興味・関心を伝播し,日本の事情に通じた指導者となる人材を育成することを目的とした短期留学コースです。
JLCC生は留学生センターに所属し,センターで開講する「日本語論」,「日本社会文化論」及び「自主研究」の必修科目の他に,各自の日本研究に関する専攻分野と日本語能力に応じて,文学部,経済学部,法学部などで開講される日本の社会や文化に関する学部学生向けの授業を選択科目として受講することができます。また,「自主研究」では,コーディネーターの指導のもと,自身の専攻に応じたテーマについてより深く掘り下げて研究する機会を得ることができます。

さらに,留学生センターで開講する技能別の日本語の授業(総合,漢字,会話,作文)をレベルに応じて受講することができます。

九州大学 日本語・日本文化研修コース コースガイド

九州大学 日本語・日本文化研修コース リーフレット

受入定員

40名

コース期間

10月1日〜翌年8月31日

※2018年10月より研修期間を12→11か月間へ変更

 

授業科目の概要

JLCC生は,10月から翌年8月までの11か月間に,次表に掲げる必修科目(2単位) ,選択必修科目(24単位)と選択科目(4単位以上)を修得しなければなりません。

授業科目 第1期(10月〜3月) 第2期(4月〜8月)
必修科目 自主研究 2単位(30時間)
選択必修科目 日本語論 *1 12単位(180時間)
日本社会文化論 *1 12単位(180時間)
選択科目 日本の社会や文化に関する学部学生向け授業 *2 4単位(60時間)以上

*1) 日本語論及び日本社会文化論は,第1期と第2期を合わせて必要な単位数を満たすよう,各自が科目を選択して受講します。

2017年10月現在

<第1期(10月~3月)>

  • 日本語論JL101 ー「日本語の語彙と語法」
  • 日本語論JL102 ー「日本の文学」
  • 日本語論JL103 ー「日本語・日本文化概論A」
  • 日本語論JL104 ー「日本映像文化論A」
  • 日本語論JL105 ー「日本語総合力を使おう」
  • 日本社会文化論JC102 ー「日本人と和菓子」
  • 日本社会文化論JC103 ー「現代日本の姿」
  • 日本社会文化論JC104 ー「ドラマで学ぶ日本の歴史」
  • 日本社会文化論JC105 ー「4コマ漫画にみる日本A」

<第2期(4月~9月)>

  • 日本語論JL201ー「日本語のスタイルと表現」
  • 日本語論JL202ー「日本語演習B」
  • 日本語論JL203 ー「日本語・日本文化概論B」
  • 日本語論JL204 ー「日本映像文化論B」
  • 日本語論JL205 ー「日本語教育学」
  • 日本社会文化論JC203 ー「現代日本と社会の姿」
  • 日本社会文化論JC204 ー「現代の小説を読む」
  • 日本社会文化論JC205 ー「4コマ漫画にみる日本B」

*2) 選択科目は,本学の学部学生を対象に基幹教育科目として開講されている授業科目および文学部,法学部,経済学部などにおいて専門教育科目として開講されている授業科目の中から,本コース・コーディネーターの指導のもとに,日本語・日本文化研修コース生が各自の日本研究に関する専攻分野と日本語能力に応じて選択のうえ受講します。

さらに,留学生センターが開講している以下の技能別・レベル別の日本語クラス(JACs)を受講することができます。

  総合 漢字 会話 作文
入門 J1 週3回  K1+2           
初級1 J2 週3回    
初級2 J3 週3回 K3 週2回 S3 週2回  
中級入門 J4 週3回 K4 週2回 S4 週2回  
中級1 J5 週2回 K5 週2回 S5 週2回 W5 週2回
中級2 J6 週2回 K6 週2回 S6 週2回 W6 週2回
上級入門 J7 週2回 K7 週2回 S7 週2回 W7 週2回
上級        

JACsの詳細については,留学生センターホームページを参照してください。

指導体制

JLCC生には,留学生センターの教員がコース・コーディネーターとして各自の学業面等について個別指導にあたります。
さらに,生活面および異文化適応に関しては,留学生指導に関する専門の教員が適宜対応します。

見学旅行,行事等

大学の教育活動の一環として,コース期間中に数回,福岡近郊や九州地域などを巡る見学旅行を実施し,日本の文化や歴史,自然に触れる機会を提供します。
また,自治体や学校,国際交流団体などが実施する様々なイベントに参加することにより,地域との交流を促進するとともに,研修の効果を上げます。

日本人学生との交流・チューター

学生レベルでのサポート体制として,日本人学生によるチューターを日本語・日本文化研修生に1名ずつ配置し,日常生活や修学上のサポートを行うとともに,チューター企画によるイベントの実施など,日本人学生との交流が図れるような環境を整えています。

修了証書の発行

履修した科目は,履修認定が行なわれ,所定の要件を満たした日本語・日本文化研修コース生には,修了証書を授与します。

単位認定,単位互換等

受講した科目(単位)については,出席数・試験等所定の要件を満たした場合,成績証明書を発行します。

pagetop