ホーム >  【学内選考】経団連国際教育交流財団 2020年度派遣「産業リーダー人材育成奨学金」奨学生募集集

【学内選考】経団連国際教育交流財団 2020年度派遣「産業リーダー人材育成奨学金」奨学生募集集

公益財団法人経団連国際教育交流財団が、日本経済の発展に貢献する意志を持つ奨学生を募集します。

<募集概要>
【支給期間】留学を開始する2020年度中の新学期からの留学先大学院在学期間中(2年間または1年間)

【支給内容】年間450万円を一律支給(使途は留学先の学費、生活費等、留学に関わる支出に限る)

【応募資格】
・日本国民(外国籍を併せて有する者を除く)
・応募時に本学の学部の最終学年、もしくは大学院の博士前期課程1,2年に在学し、2020年度中に海外の大学院への留学を開始する者(博士後期課程進学予定者も応募可、研究生は応募不可)
・社会科学系または理工系分野を専攻する者。
・学業、人物ともに優秀であって、大学院修了後、日本企業において活躍する意思を持つ者
・健康状態が良好な者
・海外の大学または大学院に1年以上留学した経験がない者
・他の給付型奨学金を受ける予定がない者(併願は可)
(留学先大学で授業料の減免を受けること、生活費の助成を受けることは可)
・留学先の公用語による意思伝達が十分可能な者
・語学レベルが基準以上の者
*英語圏へ留学希望の場合、TOEFLの成績がiBT92点(PBT580点)以上もしくはIELTSの成績が6.5以上であること
*英語圏以外への留学希望者で、当該国の公用語を主に研究に使用する場合、ZD(ドイツ語)・DAPF(フランス語)等の主要な語学検定試験をあらかじめ受験していること
*英語圏以外への留学希望者で研究に使用する言語が英語の場合は、英語圏への留学希望の場合に準ずる(この場合、研究に英語を使用することを証明する資料を添付のこと)
*語学検定試験のない言語を研究に使用する場合は、その言語の語学力を客観的に証明する書類を提出できること

【申請書類】※以下の申請書類はすべて片面印刷すること
・願書(別紙様式:日本語(A4判2枚)および英語(A4判1枚) 各1部
・指導教員の推薦状(様式任意:日本語もしくは英語(指導教員が外国人の場合など)、(A4判片面印刷、2枚以内)) 1部
・学部および大学院における学業成績証明書(日本語) 各1部
・2017年9月以降受験の語学検定試験成績証明書(写)または語学力証明書
*A4判、TOEFL、IELTSの場合は、顔写真入りの成績証明書を表面・裏面各々片面コピーすること
・研究内容の概要
日本語と留学先での研究に使用する言語 (A4判各2枚以内、カラー不可)  各1部
*専攻しているテーマおよび留学先で専攻しようとするテーマについて簡潔にまとめること
*1枚目に応募者の大学・大学院名、氏名を明記すること  

【学内選考通過後の提出書類】
・学部長または学府長の推薦状(A4判2枚以内)  1部

【締切】
・所属学府学生担当係の指定する期日までに、当該学生担当係を通して申請書類を留学課へ提出してください。
・各学生担当係から留学課への締切は7月1日(月)ですが、学生担当係の〆切はこれより早くなります。
・財団への推薦者は、学内選考により決定します。学内選考は7月中を予定していますが、選考面接を行う場合の日時・場所等詳細については応募書類受領後に学生担当係を通して連絡します。

▼申請様式ダウンロード及び募集要項等詳細については、下記財団ウェブサイトをご覧下さい。
https://www.keidanren.or.jp/japanese/profile/ishizaka/