国際会議・イベント情報

SNU-KYUSHU JOINT SYMPOSIUM



令和元年11月に福岡で開催された国際会議QS-APPLE 2019において、ソウル大学と本学の執行部が両大学のさらなる交流について意見交換をおこない、今後も重要なパートナー大学として年に一度のジョイントシンポジウムの開催などを通じて、つながりを深めていくことを合意しました。

QS-APPLE 2019

第1回SNU-KYUSHU JOINT SYMPOSIUM

令和元年9月9日(水)にアジアトップレベルの大学であり、本学の大学間交流協定校であるソウル国立大学(Seoul National University: SNU)と「Grow More Resilient: How University Inventions are Contributing to Unprecedented Global Crises(強く、しなやかな成長 -未曽有の地球規模危機に大学はどう貢献できるか-)」をテーマに、初めてのジョイントシンポジウムをオンラインで開催しました。

特設サイト

Plenary Session 総会

本学久保千春総長及びSNUのOH Se-Jung(呉世正)総長による挨拶に続き、二宮利治教授(医学研究院)による基調講演「Community-based prospective cohort study for dementia: the Hisayama Study」及びソウル大学SHIN Chan-Soo医学部長による基調講演「Crisis as an Opportunity: Innovation for COVID-19」が行われました。

Satellite Sessions 分科会

午後からは「Medicine(医療)」「Environmental and Social Sustainability at Different Spatial Scales(空間・環境経済学)」「Materials Science and Engineering(分子化学)」の3つの分科会を開催しました。

Medicine(医療)

清水周次教授(大学病院国際医療部)とソウル大学盆唐病院外科HAN Ho-Seong教授による統括のもとで「①Gastroenterology」「②Surgery」「③Elderly Care」の3セッションを実施。トピックごとに、双方からプレゼンテーションが行われ、実りある議論が行われました。

Speakers
(SNU)①Prof. HWANG Jin-Hyeok, ②Prof. HAN Ho-Seong, ③Prof. KIM Cheol Ho
(九大)①森山智彦准教授、松野雄一助教、②清水周次教授、中村雅史副病院長、仲田興平助教、③肥後裕輝教授
Materials Science and Engineering(分子化学)

高原淳教授(先導物質化学研究所)とソウル大学材料工学部SEO Yongsok教授による統括のもと、分子化学のセッションでは、両大学研究者からの最新の事例報告が行われました。

Speakers
(SNU)Prof. SEO Yongsok, Prof. LEE Myoung-Gyu, Asst Prof. KWON Min Sang, Assoc. Prof. SUN Jeong-Yun, Asst Prof. KANG Seung-Kyun
(九大)高原淳教授、白木智丈准教授、Ken Albrecht准教授、星野友准教授、合志憲一助教

第2回SNU-KYUSHU JOINT SYMPOSIUM

2021年6月に開催予定です。