教職員向け情報

SHARE-Q International Advisory Group (SIAG)

九州大学は2014(平成26)年度に文部科学省の「スーパーグローバル大学創成支援」事業(SGU事業)のタイプA(トップ型)に採択されました。

文部科学省「スーパーグローバル大学創成支援」事業

本事業における本学の構想である、「戦略的改革で未来へ進化するトップグローバル研究・教育拠点創成(SHARE-Q)」を推進するために、本学の国際化等に関し、グローバル化推進本部長(九州大学総長)に意見を述べ又は提案することを目的に、九州大学外国人教員アドバイザリーグループ(SHARE-Q International Advisory Group: SIAG)(呼称:シアグ)を構成し、2016年(平成28年)9月から活動しております。

SHARE-Q

SIAGメンバー

SIAGは本学所属の外国人教員により構成されております。メンバーは次の通りです。

Board Member

  • ヨハン ローレンス 副理事・教授 (基幹教育院)
  • (かく)(しゅん)(かい) 教授 (留学生センター)
  • アンドリュー ホール 准教授 (比較社会文化研究院)
  • エレン ヴァン・フーテム 准教授 (人文科学研究院)
  • ガブリエル デカマス 准教授 (言語文化研究院)
  • ()(ぎょう)(えん) 准教授 (共創学部)

Associate Board Member

  • エドワード ヴィッカーズ 教授(人間環境学研究院)
  • ダグラス ドラモンド 教授(農学研究院)
  • ヘマンタ ハザリカ  教授(工学研究院)
  • アンドリュー ロバートソン 准教授(工学研究院)
  • アンドリュー スプリング 准教授(総合理工学研究院)
  • リュウ フイシン  准教授(理学研究院)
  • ホセ カアベイロ 准教授(薬学研究院)
  • 許斐 ナタリー 准教授(工学研究院)
  • ビシュワジット スル チョードリ 准教授(基幹教育院)
  • オサマ エルジャマル  准教授(総合理工学研究院)
  • ケーレブ カーター 講師(人文科学研究院)

(2021年4月1日現在)

SIAG活動

SIAGでは次のような活動をしております。

Proposals for the Internationalization of Kyushu University

SIAGはこれまで本学の国際化に関して提案書を本学執行部に提出しております。

国際化提案書第一弾(和文)
2016年12月提出

国際化提案書第二弾(概要版・和文)
2019年9月提出

Faculty Development in English (FDE)

これまでSIAGメンバーが中心となり教員間の国際交流促進に向けた知見の共有を図ることを目的に英語による全学FD(FD in English:FDE)を開催してきました。
この活動は、日本語でのコミュニケーションがネックとなり大学での教員業務に必要な情報共有がされにくい本学の外国人教員に対して英語による情報提供や、外国人教員が個人レベルで所有している海外ネットワークの活用や海外大学との積極的な連携、様々な情報などの知識を日本人教員と共有できる機会として実施しております。
これまでの活動についてはこちらからご確認ください。

SHARE-Q webサイト