お客様サポート
PC用のフローティングバナー

九大生向け留学情報

交換留学

1. 交換留学とは?

交換留学とは、九州大学が海外の大学と締結した学生交流協定に基づき、1学期から1年以内の期間で締結先大学に留学する制度です。留学期間中は在学扱いとなり、九州大学に授業料を納めていれば、留学先大学では授業料を徴収されません。留学先大学で取得した単位は帰国後、所属学部・学府に申請し、認められれば九大での単位として取り扱うことができます。交換留学には大学間交換留学(大学間交流協定校への留学)と、部局間交換留学(部局間交流協定校への留学)があります。

大学間交換留学

協定:大学間学生交流協定
対象:全学の学生
窓口:国際部留学課

部局間交換留学

協定:部局間学生交流協定
対象:当該部局(学部・学府)の学生
窓口:所属学部・学府の学生担当係

協定校ごとに「交換留学枠」と呼ばれる交換学生数の上限人数を取り決めています。しかし、交換留学は相互に派遣と受入れの人数バランスを保つ必要があるため、「交換留学枠」で定める人数が交換留学できるわけではありません。実際に留学できる人数は、毎年、九大と協定校が相談のうえ、交換留学枠の範囲内で決定されます。

2. 大学間交換留学

大学間交換留学7つのいいね!

いいね① 世界トップレベルの大学の学生と出会える!

協定校には有名大学も多数あります。世界トップレベルの学生達と切磋琢磨し、将来につながるネットワークづくりも可能です。

いいね② 経済的負担が少ない!

九州大学の授業料を納入することで、留学先の授業料を納める必要はないため、留学費用の負担が少なくすみます。

いいね③ コミュニケーション力アップ!

留学先では、様々なバックグランドを持った人々と関わります。そうすることで、語学力としてのコミュニケーション力だけではなく、多様化する社会に適用する力を育むことが出来ます。

いいね④ 安心感!

交換留学は留学が正式に決定するまで、九州大学留学課が留学先大学と連絡を取りながら手続きを進めます。相談にも対応する為、個人留学に比べて格段の安心感があります。

いいね⑤ 留年なしでの留学も可能!

留学期間中に取得した単位は、所属の学部・学府に認められれば互換することも可能です。「留学したい」と「4年で卒業したい」を同時に叶えることもできます。(※学部によって要確認)

いいね⑥ 全学部生・学府生が応募出来ます!
いいね⑦ 応募のチャンスは年に2回あります!

学内募集

大学間交換留学の募集は、年に2回行っています。

第1回募集
  • 募集開始時期:7月頃(※募集の日程は変更になる可能性があります。)
  • 申請可能な留学先大学:全ての大学間学生交流協定校
第2回募集(追加募集)
  • 募集開始時期:翌年4月頃(※募集の日程は変更になる可能性があります。)
  • 申請可能な留学先大学:第1回募集後、枠が残っている大学間学生交流協定校
募集案内
  • 学部/学府の掲示板に募集要項を掲示
  • 海外留学メールマガジンで配信(学生ポータルに掲載)
  • Global Gatewaysへ掲載
申請方法

申請書提出方法はメールによるデータ提出となります。

申請書データ提出先

1年生:
学生支援課学生支援係 gazgakusei@jimu.kyushu-u.ac.jp

2年生以上:
所属の学部・学府の学生担当係(各自でメールアドレスを確認ください)

申請締切

各学生担当係によって異なります。
各自、上記の申請書提出先に確認ください。

募集要項

学内説明会

6月頃に大学間交換留学募集説明会を開催しています。
大学間交換留学とは?いつ、どのような手続きが必要なの?留学するにはどのくらいの学力、語学力が必要なの?費用はどのくらいかかるの?など大学間交換留学の疑問について説明します。

学内説明会
チラシ(学内限定)

過去のオンライン説明会動画をe-Learning System (Moodle) 上で閲覧できます。
  1. https://moodle.s.kyushu-u.ac.jp/course/view.php?id=29990にアクセスし、ログインする。
  2. 「私を登録する」ボタンをクリックする。
  3. 「④ 大学間交換留学オンライン説明会 (令和2年7月21日開催分)」から動画リンクに接続する。

学内選考

大学間交換留学の学内選考は、「書類審査」「面接審査」で構成されています。
【外国語能力】【人物評価】【学習計画】【学業成績】についてそれぞれ評価します。

選考のポイントは以下のとおりです。

  • 留学目的をしっかりと持っているか
  • 留学の成果が十分に期待できるか
  • 九大が派遣する交換派遣留学生として相応しい人物か
  • 留学に相応しい語学力があるか(英語による留学の場合、TOEFL等のスコアも加味される)

推薦先大学決定~留学先大学への申請までの流れはこちら

推薦先⼤学決定から申請まで

留意事項
  • 面接は応募者が留学を希望する言語で実施し、質疑応答も行います。
  • 応募後の留学希望先大学、留学時期及び期間の変更は原則として認められないため、よく考えて申請書を作成してください。
  • 最終的な受入決定は受入先大学が行います。
  • 留学先の治安や衛生状況等に問題がある場合は、派遣の延期・中止、または派遣後に帰国となることもあります。

派遣が決まったら

留学先大学から受入書(acceptance letter)が来たら派遣決定です。早速、留学に向けて必要な手続きを進めましょう。派遣が決定した方は、次のMoodle「大学間交換留学派遣学生 渡航前・渡航中・帰国後 学内手続き等確認ページ」へコース登録をし、必要な手続きを確認し、遺漏なく行ってください。

  1. e-Learning System (Moodle) にアクセスし、ログインする。
    https://moodle.s.kyushu-u.ac.jp/course/view.php?id=30146
  2. 「私を登録する」ボタンをクリック

交換留学先大学〜協定校〜

大学間交換留学対象大学はこちら。

九州大学協定締結校

奨学金・渡航費支援

交換留学に必要な費用として、

  • 住居費/生活費
  • 渡航費
  • 海外留学保険料
  • ビザ申請費用(国によって異なる)

などがあります。留学に際して、これらの金銭的な負担を軽くする方法として、多くの奨学金制度や渡航費支援制度があります。給付型の奨学金がほとんどですが、募集締め切りが留学開始の1年前に来るものもあります。事前にチェックし、計画的に申請しましょう。

学内支援金「海外留学支援事業」(学内限定)
財団等奨学金
外国政府等奨学金

交換留学生の報告書

過去の派遣留学生からの報告書です。留学先の情報収集として活用してください。

交換留学生の報告書(学内限定)

九大広報~世界のキャンパス~

九大広報31号から「世界のキャンパス」として、すでに帰国した派遣留学生のキャンパスレポートがシリーズ化されました。

九大広報バックナンバー

危機管理と海外留学保険

次の3種のカテゴリーで留学する方は、以下1~8の事項を確認し、期限までに危機管理の諸手続をすべて完了することを義務づけられます。(手続き完了が留学の条件となります。)

  • 大学間交換留学
  • 大学間交換留学の交換枠を使用する協定校主催短期プログラム(サマー、ウィンター、スプリング等コース)※該当者には留学課から連絡があります
  • トビタテ留学JAPAN日本代表プログラム

留学出発前

1. 危機管理サービスOSSMA Plusと海外旅行保険(上乗せ海旅)加入

危機管理サービスOSSMA Plusサービスと同サービス会員専用の海外旅行保険に加入します。※両方必須

このサービスは九州大学が日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(以下EAJ)と契約し、派遣学生の危機管理対策のために導入したものです。24時間、365日、渡航者への危機管理サービスを提供し、ケガ・病気の際の治療費用等の補償も提供します。さらに、渡航情報を管理・把握することにより、有事の際には安全を図り、迅速に安全確保を行います。
九州大学は次の制度で留学する学生にこの両方への同時加入を義務づけています。

  • 大学間交換留学
  • 大学間交換枠を使用する協定校主催サマー、ウィンター、スプリング等の各短期プログラム(該当する短期プログラムの場合、留学課から連絡があります)
  • トビタテ留学JAPAN

※加入登録期限:留学出発の1ヶ月前。登録手続きには2週間程度の時間がかかるので、余裕をもって着手してください。)
※対象者はこのページを最後まで確認ののち、ここに戻って加入手続きしてください。

加入手続き
  1. 手続き入り口(Moodle)にアクセスし、ログインする
  2. 「私を登録する」ボタンをクリックする
  3. 専用サイトに誘導されるので、加入手続きを行う
2. 危機管理セミナー受講
3. 海外渡航届 提出
4. たびレジ登録(外務省海外旅行登録)
5. 危機管理情報収集
6. 安全保障輸出管理について確認
7. 留学先での在留届 提出(留学出発後)
8. その他

様式ダウンロード

交換留学に関する書類はこちらよりダウンロードしてください。

交換留学に関する書類(学内限定)

Q&A

Q1.交換留学の期間はどの程度ですか?

交換留学期間は1学期~1年以内です。大学間協定校の多くは2学期制なので、1学期または2学期の間、交換留学を行うことになります。
なお、留学先によっては、留学期間を1年間または1学期のみに限定するところもあります。

Q2.1つの大学に何人留学できますか?

大学間協定校ごとに「交換留学枠」と呼ばれる交換学生数の上限人数を取り決めています。交換留学は相互に派遣と受入れの人数バランスを保つ必要があるため、「交換留学枠」で定める人数全員が交換留学できる訳ではありません。実際の人数は、毎年、九大と大学間協定校が相談のうえ、交換留学枠の範囲内で決定されます。
例)AAA大学
協定で定める交換留学枠:5名 / 実際の交換留学人数:2名

Q3.いつから留学準備を始めたらいいですか?

留学を開始する1年以上前から準備が必要です。
学内申請を行う際には、エッセイ、GPA、語学力などの提出が必要ですが、特に語学力を向上させるには、時間がかかりますので留学を思い立ったらすぐにでも語学力向上対策を始めましょう!
また、GPA向上にも努めましょう!

Q4.留学にかかる費用が心配です。親には負担をかけたくありません。

まず、交換留学の期間は休学ではなく在学期間とみなされますので、九州大学の授業料は納入していただきますが、留学先大学の授業料は不要です。
その他に留学の際に必要となる経費は、主に往復の航空運賃、衣食住の費用、海外留学保険料です。衣食住の費用は留学しなくても必要ですし、航空券はディスカウントチケットを探せば、かなり安いものもありますので、思っているほど大きな負担にはならないことも多いです。留学先国/地域によっては日本より生活費が格段に安いところもあります。
また、交換留学による海外留学は、学内外を含め様々な奨学金制度や渡航費支援制度の対象となります。よく情報を集め、積極的に応募しましょう。

Q5.交換留学には試験がありますか?

大学間交換留学の学内選考については、筆記試験はありませんが、書類審査と面接審査が行われます。しっかりと計画を立て、早めに準備して臨めば越えられない関門ではありません。
(部局間交換留学については、所属学部・学府の学生係に確認してください。)

Q6.留年が心配です。留年すると就職にも差し支えるだろうと思うと、留学に踏み切れません。

そういう心配はよく耳にします。しかし、実際のところ過去に交換留学した学生の半数近くが、留年せずに卒業しています。留学前後に計画的に単位を修得する、留学先の単位を持ち帰って九大の単位として認めてもらう、などの方法があります。
留年せずに卒業しているのは文系の学生が多いですが、理系でも留学期間を調整したり、単位修得の負担が比較的少ない大学院生になってから留学したりすることによって、留年をせずに卒業することは可能です。
また、留年した交換留学経験者の中にも、「思い切って留学してよかった。何物にも代えられない経験を得た。」といった声はよく聞かれ、そういった先輩たちは、留学経験をアドバンテージとして活かしながら就職活動を進めています。
その他、留学中は、海外で行われる留学生向けのキャリアフォーラムに参加したり、インターネットで情報を得たりしながら就職活動することが可能です。

Q7.どれくらいの語学力が必要ですか?

英語で留学する場合、九州大学学内選考時には、(ア)TOEFL iBT® 65以上(イ)IELTS 5.0以上(ウ)TOEFL ITP® 510以上のいずれかを満たす必要があります。さらに、学内選考通過後には留学先大学が求めるスコア(TOEFL ITPは認められない)を満たす必要があります。
また、英語以外の言語で留学する場合も、留学先大学が求める語学スコアを満たす必要があります。英語以外の言語の認定試験は開催頻度が少ないため、事前にスケジュールを確認しておきましょう。

3. 部局間交換留学

部局間交換留学は、当該学部・学府に所属する学生のみが対象です。
所属学部・学府によって留学可能な大学が異なりますので、「大学間・部局間 学生交流協定校一覧」で確認してください。

大学間・部局間 学生交流協定校一覧

部局間交換留学を希望する場合は、所属学部・学府の学生担当係が窓口になりますので、それぞれの学生担当係に問い合わせてください。

部局間交換留学情報ページ