ホーム >  国際協力 >  留学生受入事業

国際協力

▼留学生受入事業


九州大学では、国際協力の一環として、ミャンマーやアフガニスタンなどの途上国から、留学生を受け入れています。この事業の目的は「当該国の指導者となることが期待される優秀な若手行政官等を我が国大学に留学生として受け入れることを通じた人材育成を行うことであり、ひいては各留学生が日本のよき理解者として両国友好関係の基盤の拡大と強化に貢献すること」にあります。

九州大学では、次のようなプログラムで協力を行っています。

●JDS(人材育成支援無償)

●PEACE(アフガニスタン未来への架け橋・中核人材育成プロジェクト)